1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪フェスティバル本番!!」
 大阪フェス本番・・・。5時半に目覚ましをかけていたが、やはり30分前に眼が覚めてしまう。仕度をして7時に朝食。8時にスタッフとロビーで落ち合い、タクシーで会場となる梅田スカイビルへ。週刊誌の記者をやっていた30年前にはよく大阪にも来ていたが、まったく地理が覚えられない。同じく毎週のように来ていた京都は、地理が頭に入っているのだが。それにしても暑い。朝8時だというのに、すでに30度近くありそうだ。東京もそうだが、日本列島は急に暑くなったという気がする・・・。

 会場のアウラホールに直行し(会場に来るのは初めて)、さっそくブースの準備に取りかかる。今回、東京からきたスコ文研スタッフは3名のみ。それではまるで手が足りないので、新京都支部に応援を頼み、8名に来てもらった。男6人、女2人のフレッシュな面々で、そろいの腕章まで作り、気合が入っている。スコ文研には、こうした若い血が必要なのではと正直思ってしまう。私自身、還暦まで、あと7ヵ月である。

 と、言ってるヒマもなく、9時すぎにはほぼ準備も完了し、ゆめディアのW社長、編集のMさん、進行のスタッフらと打ち合わせ。段取りも、タイムスケジュールもほとんど聞いてなかったので、ほとんどぶっつけ本番。各ブースの人とも挨拶し、さらにNBAの重鎮、オーガスタのSさんとも一年ぶりの再会。カクテルブースのスタッフにも挨拶し、10時から出展者ミーティング、そして予定通り10時45分に会場オープンした。

 途中、12時半から会場の一角で、私のセミナーがスタート。今回のテーマは「知られざる台湾のカバラン蒸留所について」で、カバラン設立の経緯、カバランウイスキーの特徴などを話し、2種のカバランウイスキー、キングカーコンダクターとソリスト・バーボンカスク熟成を、テイスティング。本当はテイスティンググラスできっちりやりたかったが、仕方がない。立見も含めて100人近い聴衆がいたが、試飲できたのは先着の40名のみ・・・。少々、もったいない気もするので、ボトルが手に入るようになったら、またカバランのセミナーをやりたいと思っている。
 
 セミナーは無事1時半に終了し、その後は人、人、人のラッシュ!!とにかく忙しいのと、暑さがすごいのに驚いた。とめどなく汗が吹き出し、たえず扇子をつかってあおいでないといけない。途中、W社長と話をしたら、入場者数が2000名を超えたとか・・・。大阪フェスは7月という暑い時期だが、それでもこれだけの人が集まってくれるというのは、今、ウイスキーが本当に注目され、ブームになっている証しだと思う。

 ウイスキーフェスティバルはスコ文研のオリジナル企画で、最初に開いたのは確か2006年、銀座だったかと思う。その後青山、名古屋、赤坂、お台場、錦糸町とやり、今年最後のフェス東京は東陽町だ。大阪フェス、長和のアウトドアフェスも入れると、すでに10回以上開いていることになる。今年はもう2週間後にバーボン&アメリカンウイスキーフェス、第3回となる長和フェス(今年はついに1泊2日)、そしてトリとして東京フェスの合計4回のフェスが予定されている。いったい、いつまで続けられるのだろうという思いと、新京都支部の若いバーテンダーたちと話をしていて、長和や大阪だけにとどまらず、全国主要都市での開催も、考えてもよいのではないかとも思う。・・・すべては、私の決断にかかっているのだろうが。

 フェスは大盛況のうちに、予定通り6時に閉会。疲労コンパイとなりつつも、充実した楽しい時間が過ごせたのではないかと思う。そのままスタッフとタクシーで新大阪駅に向かい、私だけ再びガーデンパレスホテルで降ろしてもらった。フェスの余韻にいたる間もなく、『Whisky World』、通信の編集作業にもどるためだ・・・。
130707a_20130709173100.jpg
130707b_20130709173221.jpg
130707c_20130709173322.jpg
130707d_20130709173420.jpg
130707e_20130709173527.jpg
130707f_20130709173654.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter