1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信テイスティングとフェス懇親会」
 ここ2~3日、ウェールズツアーのことでミーティングが続いていて、そのために時間がさかれている。もう出発前1ヵ月を切っているのだが、最終結論が出せないでいる。どうしたものか・・・。

 午前中、『ウイスキー通信』の校正、原稿の執筆をし、昼にスコ文研。そういえば、時差ボケはようやくおさまった。この歳になると、旅行期間中と同じ日数だけ、時差ボケの回復にかかるといわれるが、その通りである。今回もほぼ正確に旅程と同じ13日かかってしまった。

 1時半から恒例の通信テイスティング座談会。出席者は私を含めて7人とフルメンバーだ。アイテムは①アベラワー12年、オールドボトル、②グレンモーレンジ・エランタ、③グレングラント20年、蒸留所限定、④グレンドロナック1996、⑤ラフロイグPX、⑥グレンリベット・アルファの6種類。

 ①と③は今回蒸留所で買ってきたもの。⑤はヒースローの免税店で買ったもの。④のグレンドロナックは韓国限定のシングルカスクで、オロロソ・シェリーバットから。そして⑥は全世界で3350本だけリリースされた“謎のザ・グレンリベット”である。

 ①は1982年頃にボトリングされたオールドボトルのアベラワーで、1.13ℓのスクエアーボトル。しかもパブ用にラベルが上下逆に貼られているという、大変珍しいものだ。つい最近、偶然アベラワーの倉庫の中から見つかったものという。それも、たった1ケース、8本のみという超レア物だ。味は・・・、期待していたよりスッキリとしているが、やや石鹸のような、ソーピーなフレーバーがある。

 ③のグラントは、間違ってアイラの空き樽に詰めてしまったというグラントの20年物で、ノンピートのグラントとしては、あり得ないほどにスモーキー、ピーティだ。これも、そういう意味で、超レア物である。ただ、今回テイスティングした6本の中では、謎のグレンリベット・アルファが一番面白いかもしれない。

 ①③④のようにレア物という訳ではないが、こういう形でボトルをリリースし、その中身について推理させるというのは、遊び心があって、この手があったのかと、思わず唸ってしまう。マーケティングとしては、初の試みだろう。中身については・・・、それは誌面を読んでのお楽しみである。

 4時半にテイスティングは終了し、7時から京橋の明治屋下のレストランで、バーボンフェスの懇親会。キリン、キリン・ディアジオ、サントリー、アサヒ、ペルノ、明治屋の各バーボン担当者が集まり、フェスについて飲みながら意見交換し、親睦を深めた。考えてみれば、こんな機会は過去に一度もなかった気がする。バーボンフェスという初めての試みに、一緒にチャレンジしてもらいたかったためでもある。

 フェスはもう2ヵ月弱と迫っている・・・。7月から9月にかけ、大阪、バーボン、長和と3つのフェスが連続する。それが終われば、いよいよ一年の締めくくりとして11月に、最大の東京フェスが待っているのだ。

DSC_0638_20130530163324.jpg

IMG_6612.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter