1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信のミーティングと大阪フェスオリジナルボトル」
 時差ボケがさらにヒドくなり、今朝は3時半に起きてしまった。なんとも、はやだ…。仕方がないので5時から仕事。マクドゥーガル・クロニクルの校正に取りかかる。その後、午前中にスコ文研に行き、1時半からウイスキープロフェッショナル問題の最終判定会、およびブラインドテイスティング4種類の確認作業。それらがすべて終了したのが4時すぎで、それから26日の試験当日の準備。東京、大阪と2会場あるため、それらの荷物を仕分けるのも大変である。

 一段落したところで、6時から『ウイスキー通信』のミーティング。デザイナーのIさんに来てもらい台割りの確認と、今後の入稿スケジュールについて。さらに大阪フェスのオリジナルボトル(クライヌリッシュ1996)のラベルのデザインについて話し合う。今回も版画家のWさんのオリジナル版画を使うことにして、その図柄選び。夏らしいイメージということで、熱帯魚とクラゲの図柄に決定。断じてクライヌリッシュとクラゲをかけたわけではない…。クラゲヌリッシュというのも悪くはないが…。

 7時すぎにミーティングは終了し、その後バーボンフェスの会場のレイアウトについて。出展企業もそろそろ確定してきたので、今後は内容についても詰めの作業が待っている。夜は久しぶりに広尾駅裏の「さ和長」で、せいろソバを一杯。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter