2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「久しぶりの帰省」
 午前中『ウイスキー通信』と『コニサー倶楽部』の校正をして、昼すぎの新幹線で新潟へ。連休の最終日だというのに東京駅は混雑している。学校が夏休みに入って、家族連れの移動が増えたせいだろうか。3時前に新潟に着いて、4時のフェリーで佐渡へ。ほぼ2年ぶりの帰省である。父の様子が気になっていたのと、少し早いが母の墓参りが目的である…。佐渡は少し涼しいかと思ったが、台風6号の影響か、徐々に風が強まり気温と湿気が上昇している。まだ、はるか大東島沖だというのに…。

 佐渡汽船ターミナルで岩田雅さんの『鬼太鼓の鬼 世界をゆく』(アサヒメディア刊)を購入。岩田さんは郷里の先輩で、元共同通信社のパリ、ロンドン、ブリュッセル特派員。ロンドン時代は2人で「ロンドン佐渡人会」を設立し、よく飲んでいた。鬼太鼓(おんでこ)とは佐渡の伝統芸能で、各村々に座があり、祭の時の人気演目となっている。私の出身地、佐渡両津、夷の町にも鬼太鼓はあったが、踊手になったことはない…。佐渡に残っていれば踊手になったかもしれないのに、残念である。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter