1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「長和フェスのミーティング」
 相変わらず原稿、校正の嵐である。スコットランドに行く前にすべてを書いておかなければならないので、1ヶ月早いが、もう次号予告まで決めてしまう…。

 午後、スコ文研に行き2時から9月に行われる長和フェスのミーティング。長和町のF君が来て、スケジュール、進行の確認。長和のフェスは今年で3回目となるが、アウトドア・ウイスキーフェスティバルの利点を生かして、もっとバーボンやBBQ関係も、呼び込もうということになった。ちょうど7月にバーボンフェスをやることもあり、高原の青空の下で飲むバーボン・ウイスキーを楽しみたいと思っている。まして今年は、前夜祭も入れて、1日半の開催となる。第1回目に予定していた、星空トークというのを、ぜひ実現させたいと思っている。

 ミーティングは3時すぎに終了し、その後は再びワールドの編集作業。18本のテイスティングアイテムのうち、今回はスコッチ以外が多く、私の担当は合計9本。いっきにはできないので、まずはスウェーデンのマックミラとアイリッシュのティーリング、そしてジャパニーズ4種の計6本をテイスティング。

 ジャパニーズはマルスモルテージの3+25とイワイトラディション、余市のC.W.ニコルボトル、ブラックニッカ・リッチブレンドの4本だったが、やはりマルスの3+25とニッカのリッチブレンドが秀逸!

 3+25については『ウイスキー通信』のテイスティングでも取り上げ、その美味しさはわかっていたが、リッチブレンドは正直驚いた。従来のブラックニッカとは、まるで別物で、スイートでフルーティー。これで1,000円弱というのは信じられない。これほどシェリー原酒が効いているとは…。コストパフォーマンスも申し分ないと思うのだが。

 結局、6時近くまでかかってテイスティングは終了。残りはバーボン3種である。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter