1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京バーショーでセミナー2つ…」
 昨日は結局、一日中恵比寿の仕事場にいて『ウイスキーワールド』の原稿を執筆。体調がすぐれないこともあり、夜の飲み会はキャンセルして、ひたすら原稿…。しかし、集中力がイマイチなのと、仕事の電話がひっきりなしにかかることもあり、はかどらない。バーボン特集の蒸留所のところ4件書いたところで、タイムアップ。

 今朝は再び6時に起き、昨日書けなかった原稿を1本。その後、バーショーのミニセミナーの準備をして、12時半に渋谷の会場へ。昨年のバーショーは、スコ文研の蒸留所ツアーと重なっていて、まったく見ることができなかったので、バーショーそのものは、今回が初めてである。ウイスキーマガジンライブは、2000年に東京で初めて開かれ、それが今日のように世界に広がっていったのだが…。

 そんな感慨に浸りながら、ミニセミナーが行われる地下1階の会場へ。私が担当したのは1時半からのブルックラディ(これは新しくオーナーとなったレミーの表記)セミナーと、4時半からのハイランドパークセミナーの2つ。どちらも20分間で、テイスティングは1種類のみと限定されているのだとか。

 準備・段取りを確認し、セミナー前にざっと会場を回って、いくつか試飲。レミーのブースの斜め前にサマローリのブースがあり、びっくりした。ローマのカーサブレブの若きオーナーと、セールス担当者の2人が来ていて、懐かしかった。1950年代からのモルト原酒を複数ヴァッティングしたエボリューションを飲ませてもらったが、これが実に美味で、深い余韻がある。

 結局5~6種類程をテイスティングし、1時半から予定通りブルックラディセミナー。テイスティングはアイラバーレイ2006、ダンローシット農場のキンナクロイッヒ畑から収穫した大麦を使って仕込んだ、モルトウイスキーだ。

 その後、再び会場内をあちこち見て回り、さらに数種をテイスティング。韓国ソウルからジャッキーさんが来ていて、お土産にジャッキーさんが選んで、韓国オンリーで詰めたグレンドロナックの1996を1本もらう。わざわざソウルから持ってきてくれたのだとか。

 4時前にレミーにもどり、4時半からこんどはハイランドパークセミナー。テイスティングアイテムは、ヴァルハラシリーズの第2弾、ロキ15年である。日本での発売は秋以降になるということだが、これはロキという複雑な性格を持った神をイメージしてつくっただけのことがあり、非常に複雑なフレーバーをもっている。アロマとフレーバーのギャップも面白い。これと第1弾のソーを飲み比べたら面白いだろう。次のオーディン、フレアーが今から楽しみだ。

 ということで、6時くらいまでレミーのブースにいて、世話人のSさんと一緒に会場を後に。季節はずれの寒さで、冷たい雨が降りしきっていたので、そのままタクシーで恵比寿の仕事場までもどった。夕食を食べて、テレビを観ていたら、そのままソファーで寝てしまった。

DSCN3790.jpg

DSCN3793.jpg

DSC_0625.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter