2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「トリカブト事件に桶川ストーカー事件…」
 『Whisky World』の画像選びや原稿に追われていたが、今日は午前中、今までの分の校正。ボトラーズ特集第3弾の原稿3本と、バーボン蒸留所の原稿4本を大阪に送ってしまう。通信の下版日で、さらにコニサー倶楽部の入稿日…。今回の巻頭座談会はコニャックをテーマに3人に語っていただいた。コニャックは日本では低迷しているが、世界的にみるとスコッチ同様、新興国を中心に需要が伸びている。特にアジア市場の伸びが著しいという。

 コニャックを取材したのは、もう4年も前のことになるが、スコッチとの違いがわかって面白かった。サントリーが所有するルイロワイエをじっくり見せてもらったが、日本に輸入されていないのは、実にもったいない気がする。いつか再び、ワールドでもコニャック特集をやりたいと思っている。

 そのコニサー倶楽部、チラシの入稿の途中だったが、4時半からスタッフミーティング。通信の発送、ワールドの編集作業、今後のセミナー、フェス、WP試験の問題作りなど、やることが山積しているので、そのスケジュール確認。5月3日から2週間ほどスコットランドに行くのと、6月は台湾、ウェールズと、ほとんど日本に居ない。その間のスケジュール確認である。

 6時過ぎにミーティングは終了し、タクシーで東麻布の「逢坂」へ。7時からトリカブト事件の関係者が集まって、いわばお疲れさま会。3月27日に日テレの“世界仰天ニュース”で放送されたもので、なんと瞬間最高視聴率が24%近くまで行ったという。この手の番組で20%を超えるのは、快挙と言っていい。そのトリカブト事件の鍵を握ったのが、当時琉球大学の助教授だったO先生と、日刊スポーツ記者のOさん、そして当時『フォーカス』の記者をしていた私の3人だった。これは初めて知ったことだったが、あの番組の再現ドラマで、実名で登場していたのは、私たち3人だけだったという。

 その3人と、番組の監修を手がけた日テレのチーフディレクター、SK氏、そして同じくディレクターのFさんの5人で会食。実はSK氏は、元フォーカスの同僚で、例の桶川ストーカー殺人事件をスクープした人物。会うのは25年ぶりくらいだった。当時は私が30代前半で、SK氏が20代前半。記者とカメラマンという立場だったが、よく一緒に張り込みもした。同じ釜の飯をくったというか、妙に懐かしくて、昔話に花が咲いてしまった。

 O先生とは半年に1回くらいは会って飲んでいるが、日刊のOさんと会うのも20年ぶりくらいとなる。トリカブトという1つの事件を介して、こうして出会い、そしてその後も親交が続くというのは、なんとも不思議な気がする。3人とも、もはや還暦!これは縁としか言いようがない…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter