1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「バーショーの打ち合わせと養成講座の補講」
 ワールドのバーボン特集の原稿とコニサー倶楽部、各種チラシの校正。『ウイスキー通信』は昨日入稿してしまったが、まだコニサー倶楽部の入稿が残っているのと、4月26日に発送する通信に同封するチラシ類が、今回は10枚近くになるためだ。

 昼すぎにスコ文研へ行き、それらの入力、校正、さらにウイスキースクールの新規講座のレジメ等を作る。5時にレミーコアントローのHさんが来て、バーショーのミニセミナーのミーティング。今年のバーショーは土・日の2日間だが、最終的に私がやるのは、レミーのブルイックラディとハイランドパークの2つ。ブルイックラディではアイラバーレイの2006を、ハイランドパークではヴァルハラシリーズの第2弾、ロキをテイスティングすることになった。その試飲サンプルを持ってきてもらったので、それをテイスティングしながら、全体の流れを確認。あとは本番を待つだけだ。

 その後、再び事務処理にもどって7時からウイスキースクールのエキスパート養成講座の補講。これは私のバーボン取材で、日程が変更になったため、どうしても来られない受講生のために開いたもの。どうせやるならということで、スコ文研スタッフのNさん、Kさんにも参加してもらった。ということで、アメリカンとアイリッシュウイスキーについて、2回分を1回にまとめて講義。

 試飲アイテムは、I.W.ハーパー、ジャックダニエル、ジェムソン18年、カネマラの4種類。9時すぎに無事終了した。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter