2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「WP集中セミナーとディズニーランド…」
 5時半に起床して、ワールドの原稿を1本書き、9時に水道橋のセミナー会場へ。この時季、毎年恒例となっているウイスキープロフェッショナルの集中講座。今回は東京のみで、しかも昨年暮れからウイスキースクールで集中対策講座(全6回)をやっていたせいもあり、受講者は20名程と、やや少なめだ。それでも遠く熊本や岡山、富山、名古屋、大阪、秋田などからも受講生が集まっている。

 9時45分にスタートした1講目は「スコッチウイスキーとその歴史」について、私が講義。2講目は「モルトウイスキーの製造」で、これは世話人の谷嶋さんが。昼1時間の休憩をはさんで2時から3講目として、「アメリカン、カナディアンの製造」、そして最後は「ブラインドテイスティングの実践」である。これであとは、5月26日(日)の試験本番を待つのみである。

 4時半にセミナーは終了し、その後再び電車で恵比寿にもどり、時間があったので久しぶりのアトレの本屋へ。『Whisky World』のBook欄で取り上げる本をさがす目的もあったが、もう1つは小林秀雄特集をやっている雑誌『考える人』を買うためでもあった。小林秀雄と河上徹太郎の最後の対談(1979年)をCDにして、付録としてつけていると新聞で知ったからだ。

 小林秀雄が亡くなって、今年でちょうど30年。ぜひ2人の対談を、その肉声で聞いてみたいと思っている。

 30年といえば、東京ディズニーランドが誕生して、今月でちょうど30年。公式オープンの前に、マスコミに公開していた期間があり、その取材で訪れた当時のことを思い出す。浦安にディズニーランドが出来るといっても、当時マスコミは半信半疑で、それこそ“千葉方式”の錬金術の一種と疑っていた。

つまり、埋め立ては国の事業で、その土地を安く払い下げてもらい、そこにディズニーランドを建設する。うまく行かなかったら宅地にして売ればいい…。それが今では…である。当時のマスコミは、私も含め、不明を恥じないといけないかも知れない。ある意味、ホロ苦い思い出でもある。

20130415145125345.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter