1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪フェス、バーボンフェスのセミナーが決定…」
 連日北朝鮮のミサイル問題で揺れているが、そんなこととは関係なく、『ウイスキー通信』の原稿と校正、ミーティングに追われている。10日ほどアメリカに行っていたせいもあり、普段に増してスケジュールがタイトだ。今回の通信では、年3回発行している『コニサー倶楽部』も同封しないといけない。そのための座談会、そして竹鶴ノートの現代語訳も7回目を迎えた。長いと思っていたが、このペースでいけば、あと2回ほどで上下2冊のノートの現代語訳が終わる。いずれスコ文研叢書で1冊の本にしたいと思っている。

 スコ文研叢書については昨年秋に企画を練っていたものの、その後の忙しさで頓挫していた。11月の東京フェスまでには、何とか4~5冊出版したいと思っているのだが。なんだかんだ、そんなことをいっていたら、スコットランドツアーまで、もう3週間になってしまった。先日アメリカから帰ったばかりだというのに、もう次はスコットランド。そして6月は台湾、ウェールズ…。なんとも、はやである。

 7月7日の大阪フェスと21日のバーボンフェスについても、日々具体的なことを決めていかなければならない。大阪フェスのチケットの前売りは開始するが、急遽、前日の7月6日(土)に大阪でセミナーをやることにした。大阪に行くのは久しぶりになるので、「土屋守、大いにウイスキーを語る」と題して、ウイスキーの最新情報を、一気に語ることにした。

 セミナーは2部構成で、1部はスコッチの現状、各社の戦略と新規蒸留所、マイクロディスティラリーの動向まで。今スコッチの現場で何が起きているのかを、データを使いながら語ることにした。2部はこの前のアメリカ取材で得た、マイクロ蒸留所、アメリカではクラフトディスティラリーと言っているが、その革新的な造りと、スチルメーカーのヴェンドーム社、そして台湾や韓国、中国、インドなどの新興国のウイスキー事情についても語り尽くしたいと思っている。そのための、アメリカ、スコットランド、台湾、ウェールズ行でもある。

 さらに7月21日のバーボンフェスのセミナーも決定しつつある。バーボンフェスでは本会場とは別にセミナールームも設けていて、合計3つのセミナーを予定している。1つは私がやるアメリカンウイスキーの歴史と、その現状について。特にクラフト蒸留所の造りと、その動向だ。2つ目は、今年誕生125周年を迎えるフォアローゼズのセミナーで、マスターディスティラーのジム・ラトリッジさんが、来日予定である。3つ目はまだ未定だが、できればウィレット蒸留所のドリューさんにお願いしたいと思っている。本人はカレンダーチェックで、「大丈夫!」と言ってくれた。実現できれば、面白いことになるはずだ。

 『ウイスキー通信』の入稿作業が終わったら、それらのチラシを一気に作らないといけない。ウイスキープロフェッショナルの集中対策セミナー、東京バーショーのトークセミナーと、出発までセミナーやスクールの講義が目白押しなのだが…。

フェス大阪前売券 画像

バーボンフェスチケットサンプル
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter