2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「1秒間に2万1000円の外貨を稼ぐスコッチ」
 アメリカから帰って1週間ちょい…。ようやく時差ボケも治りつつある。今朝は5時半に起床し、『ウイスキー通信』の原稿と、年3回発行している『コニサー倶楽部』の竹鶴ノートの校正、そして世界のウイスキーニュースの原稿。

 世界のウイスキーニュースではディアジオの新しい蒸留所がインチガワーでもグレンダランでもなく、アルネスのティーニニックの敷地内に決まったというニュースがあった。これは2010年に創業したスペイサイドのローズアイルを凌ぐ、スコッチ最大のモルトウイスキー蒸留所で、ポットスチル16基を擁し、年間1300万リットルの生産能力を持つという。アルネスはインバネスの北で、近くにダルモア、グレンモーレンジが所在する。

 SWAが発表した統計資料のニュースもあり、スコッチの輸出額が過去最高の約42億7000万ポンドに達したことも分かった。これは日本円に換算すると6600億円という巨大な金額である。これを1秒に直すと135ポンド。つまりスコッチウイスキーは1秒間に約2万1000円も外貨を稼いでいる計算になるのだ。たかがウイスキー、されどウイスキーである。

 ということで、夕方まで仕事をし、夜は早めに就寝。明日は川崎市のベリーズパーク王禅寺で釣り兼バーベキューである。台風並みの爆弾低気圧が接近中で、明日は嵐、不要な外出は極力控えるようにと再三天気予報で言っているが、釣りで雨に降られた経験がほとんどない。どんなに天気予報で雨だといっていても、行ってみたらピーカンということのほうが多いのだ。

 天気予報が勝つのか、それとも自他ともに認める晴れ男が勝つのか…。けだし、見モノである。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter