2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「再び3時に目が覚めてしまう…」
 昨日午前中に『ウイスキー通信』の原稿を20枚近く書いたせいもあり、さすがに今朝は原稿がハカどらない。蒸留所探訪記、ケンタッキーの特別寄稿を書き終えたので、朝4時から巻頭の『ウイスキー日和』の原稿7枚。せっかく4時半近くまで目が覚めないと思っていたら、今朝は再び3時に目が覚めてしまった。悪夢である…。

 ということで、ボッーとしたまま昼頃にスコ文研。昨日の雨がウソのように晴れて暖かい。渋谷川の桜はすっかり花を散らしてしまって、もうじき葉桜である。事務仕事を片づけ、2時から「ウイスキーエキスパート養成講座」の第6回目。本来なら3月下旬にやる予定だったが、アメリカ取材が入ったため、急遽4月にずらしてもらったのだ。そのため補講もやらないといけないのだが…。

 今回はアイリッシュウイスキーがテーマで、1時間ちょいアイルランド、アイリッシュウイスキーについて話をし、ジェムソン18年とカネマラ・ノンエイジの2種類をテイスティング。ジェムソンの18年は久しぶりに飲んだが、改めて飲んでみるとミドルトンのピュアポットスチルの原酒が効いている気がする。もちろん、これはグレーンウイスキーも加えたアイリッシュ・ブレンデッドだが、大麦と大麦麦芽で造るミドルトンのピュアポットスチルのDNAをしっかりと受け継いでいる。

 カネマラはクーリーが造るピーテッドのアイリッシュで、これはこれで旨い。アイラのスモーキー、ピーティなものと比べて、単純だが、より麦芽の甘さや、アイリッシュ独特の軽さやオイリーさが感じられる。アイリッシュは、このところ世界で人気急上昇中で、引く手あまたということが納得できる2品だ。

 一度、オフィスにもどり、再び7時からは養成講座の夜の部がスタート。3時から起きているので眠さはピークだが、9時近くまで講義。その後、歩いて恵比寿までもどり、11時すぎにダウン…。

DSC_0569.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter