2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「再び怒涛の一週間で疲労コンパイ…」
 今週も怒涛のような一週間だった…。月曜日は夕方にフェスのミーティング。7月のバーボンフェスと11月のウイスキーフェスの会場手配の現状についてヒアリング。火曜は朝10時前に恵比寿を出て幕張メッセのフーデックスへ。英国パビリオンを回り、スコットランド、ウェールズの新商品をチェックし、ブース出展者と名刺交換。ウェールズブースでは、ペンデリンの新商品と、日本初輸入のウェールズ産エールを試飲。さらにアメリカパビリオンに移動し、クラフトビール、クラフトウイスキーの数々を試飲。特にクラフトディスティラリーのウイスキー5~6種類を試飲できたのは収穫だった。7月のバーボンフェスが面白くなりそうだ。

 3時間ほどフーデックスにいて、3時半すぎにスコ文研。ワールドの入稿と校正、次の『ウイスキー通信』のコンテンツについて検討。水曜は午前中ワールドの原稿を書き、午後スコ文研。2時から「ウイスキープロフェッショナル養成講座」の第5回目。その昼の部のスタート。今回は、今話題のアメリカンウイスキーについて、みっちり2時間の講義。4時すぎに終了し、5時から『ウイスキー通信』のミーティング。アメリカに行く前に、いくつかの原稿を書いておかなければならない…。そして7時から、プロフェッショナル講座の夜の部がスタート。予定通り9時に終了し、10時すぎに恵比寿の仕事場にもどった。

 木曜は1時に田町にある「ウィスク・イー」へ。ワールドのボトラーズ特集の取材で、ライターのKさん、カメラマンのW君。新しくなった芝浦のオフィスに行くのは、これが初めて。そもそもウィスク・イーのボトラーズとしての最初のリリースは、私の似顔絵が描かれたシングルカスクコレクションだった(アランジャパン時代)。早いもので、あれから15年近くが経つ。Dさん、社長のKさんともども、そんな昔話に花が咲く。取材は2時半すぎに終了し、そのままスコ文研オフィスへ。5時から、アメリカ取材に同行するJさん、Sさん、そしてキリンのチーフブレンダーTさん、ブレンダーのHさん、マーケティングのTさんの6人でミーティング。

 ちょうど、7月21日のバーボンフェスの会場が決定したので、その旨を告げると、Tさんがすごく喜んでくれた。ローゼズ愛、バーボン愛がヒシヒシと伝わってくる。ということで、しばし6人で、そのフェスの名称やセミナーの内容についても意見交換。来週中には、案内書を発送である。

 6時半くらいに場所を移してということになり、広尾駅近くの居酒屋で、スコ文研のスタッフも交えて懇親会…。帰ったのは11時近くになっていた。金曜は待ったなしのワールドの校正。アワード座談会のゲラ直しが4人のテイスターからきていたので、それも合わせて校正チェック…。さらに久しぶりに日経のクイック評価2点。キリンとアサヒのRTDの新商品についてコメント。

連日の校正、飲み会、ミーティングで疲れていたこともあり、6時に退社し、そのまま広尾の行きつけの床屋に寄り散髪。風が春めいてきたので、髪を切ることにしたのだ。

 土曜は朝から、再び校正。酒場紀行、バッファロートレースなど、続々とくるラフ原稿を校正し、それを入稿用に手直しする作業。結局、4時前に一度切り上げ、5時にスコ文研。校正を大阪に送り、6時から代表世話人の1人であるMさん主催のテイスティング会(?)。参加者は9名で、今回はわりとレア物をということで、スコ文研のオリジナルボトルを中心に、6種を用意した。

 途中、ピザの出前を頼み、さらにコンビニでビールも買って、最後はすっかり飲み会。気が付いたら10時近くになっていて、それからタクシーで恵比寿に出て、6名で2次会へ!! 仕事場に帰りついたのは深夜1時近くになっていた…。

 飲みすぎでシンドイ体にムチ打ち、今朝も再び9時すぎからワールドの校正、原稿書き。アメリカへ出発するまで、こんな日が続きそうである。

IMG_4807.jpg
IMG_4858.jpg
DSC_0532.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter