1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ハードスケジュールで、気付いたら3月…」
 先週一週間はハードスケジュールだった。月曜日の午前中の便で福岡から羽田にもどり、そのままスコ文研。たまった事務仕事を片づけ、火曜は朝から『アナログ』の原稿、ワールドの原稿。『ウイスキー通信』の最新号が月曜日に届いていたので、それの発送作業。夕方からはバーボンフェス・東京フェスの会場と日程の件でミーティング。

 7時からは『究極のモルトマラソン』の2回目。今回はオスロスクに始まりオルトモア、バルブレア、バルミニック、バルヴェニー、ベンネヴィスの6蒸留所のシングルモルトをテイスティング。毎回1つか2つのテーマをということで、今回は1992年にUD社が販売した〝花と動物シリーズ〟。通称「花・動」について、その資料を用意し、説明を行う。他にDCLの歴史や、フィディック、バルヴェニーを創業したウィリアム・グラントについてなど。

 水曜日は、こちらも今年1月からスタートした「ウイスキープロフェッショナル養成講座」の第4回目。昼と夜の部、それぞれ2時間ずつ、モルトウイスキーの製造その2、蒸留と樽、熟成について講義。長崎・博多の疲れも取れてないなかでの昼・夜4時間の講義は、体力的にもシンドイ…。

 28日の木曜日は父の一周忌だったが、それどころでなく朝からワールドの校正・原稿に追われる。とにかく時間との勝負なので、集中して校正、また校正…。今回はアワードの座談会、インタビュー記事も多く、その分校正作業が目一杯。午後にスコ文研に行き、引き続きそれらの作業と、5月のスコットランドツアー、6月のウェールズツアーのミーティング。5月のツアーについては旅行会社は決まっているが、6月については、まだ決まっていない。そのため複数の会社と詰めの作業をしないといけない。

 7時から再び『モルトマラソン』の2回目、木曜日コースである。火曜コースより人数が多く、マックスの14名の参加があった。その前にジャパンインサイトのFさんから頼まれていた、ボイスデールのサンプルをテイスティング…。大阪フェスのうちの記念ボトルのラベルデザインも考えなければいけないのだが。

 金曜はもう3月1日! 2月は例年のことだが、本当にあっという間に終わってしまった。まして28日しかないと、何だか損した気分になる。ワールドの下版まで、あと18日、アメリカ出発まで20日である。午前中、校正と原稿を書き、午後スコ文研。

 3時から東京フェスの会場に予定している品川のイベント会場の人とミーティング。毎年、会場の決定について頭を悩ますことになる。そのために割かれる時間もバカにならないのだが…。さらに5時からは6月のウェールズツアーの件でH.I.Sの担当者とミーティング。こちらは、ほぼこれで決定できそうだ。6月は初旬に台湾・高雄で開かれる酒類コンテストに審査員として出席しなければならない。4日間ほど、台湾で時間を拘束されそうだ。

 その後、大阪の編集部とワールドの件で連絡を取り合い、7時から南麻布のイタリアンで、サントリーのCさんと会食。イタリアの白ワイン、Cさん持ち込みのオーストラリア産赤ワインを飲みながら、ウイスキー談義。2軒目として、久しぶりに恵比寿の「マーサ」に行き、こんどは角ハイボールとボウモア12年。店を出たのが1時すぎになってしまった…。

 さすがに深酒をした次の日は原稿を書くのはツライが、時間がないので、昼すぎからワールドのボトラーズ原稿。ダグラスレインとキングスバリーについて、書き上げる。

 今日は今日で、朝からワールドのシャクルトン原稿…。3月1日に春一番が吹いたと思ったら、ここ2日ほどは一転、寒さが厳しい。夜は鎌倉にもどることにした…。

DSC_0486.jpg
20130228200957063.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter