1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「プロフェッショナル養成講座とベア大麦」
 午前中はウイスキースクールのプロフェッショナル養成講座の準備をし、いつものように午後スコ文研。『ウイスキー通信』の校正、編集作業が待ったなしの状態になっているが、2時から養成講座の昼の部がスタート。

 今回は全6回講座の3回目で、モルトウイスキーの製造の前半部分、大麦、製麦、糖化のところを2時間にわたって講義。ちょうど注文していたアランのベア大麦のウイスキーがスコ文研に届いていたので、オークニーのベア大麦とは何か、なぜオークニーにだけベア大麦が残ったのかなどの話もする。

 最近のアランやブルイックラディなど、この古代品種であるベア大麦を使って仕込むところが増えているからだ。先日、来日したブルイックラディのサイモン社長も、アイラ島でベア大麦の栽培が始まっていると話していた。

 4時ちょいに昼の部は終了し、その後1階のオフィスにもどって、再び通信の校正、5時から博多のウイスキーイベントのミーティング。もちろんセミナーの講師もつとめるが、スコ文研はスコ文研ブースを出展するので、そのグッズやウイスキーなど、販売アイテムの決定をしなければならないからだ。大阪以西で、スコ文研がブースを出し、オリジナルグッズやオリジナルボトルの試飲、販売を行うのは今回が初めてである。

 さらに、7月の大阪フェス記念ボトルのサンプル4種が届いていたので、それを試飲。そのうちの1つ、クライヌリッシュの1996が面白い…。ということで、あっという間に時間が経ち、再び7時から2階のスクールで、第3回目のプロフェッショナル養成講座。今回は珍しく、ほぼピッタリの9時に終了し、一度オフィスにより、10時すぎに帰宅。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter