1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大崎のシングルモルトセミナー」
 連休は結局仕事三昧…。日曜日だけ半日釣りに行き、半日フライのタイイング。今朝は鎌倉から一度恵比寿に寄り、午後イチでスコ文研。『ウイスキー通信』の大量の校正をスタッフに渡し、その編集作業、夜のセミナーの準備。

 7時から大崎のアイリッシュパブ『シャノンズ』で、年に1回程度やっているシングルモルトセミナー。毎回テーマを決めてやっているのだが、その都度顔ぶれが変わるので、シングルモルトとは何かというところから、話を進めていかないといけない…。用意したキーワードにそって1時間ほど話をし、その後テイスティング。

 アイテムは①ベンネヴィス、②プルトニー、③ロングモーン、④マッカラン・グランレゼルバ、⑤ボウモア12年、⑥ラフロイグ・クォーターカスクの6種類。①②がハイランドで、③④がスペイサイド、⑤⑥がアイラモルトである。さらに①②③がボトラーズで、④⑤⑥がオフィシャルボトル。

 ボトラーズとオフィシャルの違い、カスクストレングスやシングルカスクについても述べ、最後にピートとバーボン樽、シェリー樽についても言及。結局20分程度時間がオーバーして9時20分頃に終了。電車で恵比寿にもどった。

20130212b.jpg 20130212a.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter