2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「テレビCMにディカプリオが登場!!」
 来週の入稿を目指して、『ウイスキー通信』の本格的な校正・編集作業。同時にウイスキースクールの資料作りも進行。午後スコ文研に行き、5時からスタッフ・ミーティング。入稿スケジュールの確認と、今年のウイスキーフェスティバルについて。7月7日に、大阪でウイスキーフェスティバルをやることは決定しているが、その前後にバーボンだけのフェスができないか、考えている。

 バブル経済の崩壊以降、シングルモルトの台頭もあって、バーボンはすっかり一時のブームが衰えていた。ある意味、空白の20年である。しかし、サントリーとアサヒ、明治屋で取り扱いバーボンがドラスティックに変化したことで、再び注目を集めている。

 20年前のバーボンブームの時は、そもそもバーボンという名前の由来も知られていなかったし、テネシーのジャック・ダニエルとバーボンが、どう違うかも分かっていなかった。今回は、その辺のところを、きっちり伝える必要があると思っている。そのためには、スコ文研がやるしかない…。

 ミーティングを5時45分で切り上げ、スタッフ2人とタクシーで渋谷の「ノスオルグ」へ。6時からジムビームの『クールナイト』に出席。これはビーム家7代目、フレッド・ノオ氏が来日して開かれたプレス向けのお披露目会で、今後のジムビーム・ブランドの展開について、サントリー酒類のほうから発表があった。

DSCN3719.jpg

 先日、『Whisky World』で担当部長のCさんにインタビューしたばかりだが、Cさんによると、1月だけでジムビームの出荷量は5万4000ケースになったという。これはアサヒがやっていた時(2011年)の年間販売量2万7000ケースの倍の量!! それも、わずか1ヵ月で達成したことになる。つまり半月で、これまでの年間の販売量に匹敵するわけだ。

 さらに驚くべきことに、クールバーボンのキャンペーンで今テレビCMを流しているが、今月中旬からは新バージョン、レオナルド・ディカプリオを起用したテレビCMが、オンエアされるという。これはサントリーが製作したもので、もちろん日本オンリーのコマーシャル!

 サントリーのコマーシャルとしては、ショーン・コネリーにつぐ、久々のハリウッドスターの登場かもしれない。たしかに、バーボンでやれることは、まだまだあるはずなのだ。

DSCN3726.jpg
DSCN3733.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter