1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ブルイックラディにフォアローゼズ…」
 昨夜のラーメンがきいているのか、胃が重く、頭もスッキリしない。新規の原稿を書く気力がないので、再び講演原稿の校正作業。世界のウイスキーニュースの資料調べ。スコットランド最北のサーソーの町に、ウルフバーンという新しい蒸留所がオープンしたことを記事にしないといけないので、現地の5万分の1の地形図を引っぱりだし、その位置の確認。

 イギリスのオーディナンス・サーベイ(日本でいうと国土地理院)というところが出している、5万分の1の地形図は非常に優れていて、1995年に『モルトウィスキー大全』を書くときに、ずいぶんとお世話になっている。蒸留所の正確な位置が分からなくては原稿が書けないし、地形図から周辺の環境や歴史など、様々な情報を知ることができるからだ。こと5万分の1の地図に関していうと、イギリスのほうが日本より優れている。

20130207164106315_0001.jpg

 昼前に仕事部屋を出て、1時に虎ノ門のレストラン、「ノブ・トーキョー」へ。レミー・コアントロー・ジャパン主催の内輪の昼食会で、来日していたブルイックラディのサイモンさんはじめ3名のスタッフと共に食事。ブルイックラディの近況などを伺い、お互いに意見交換。できれば、今年7月には訪れたいと思っているのだが…。

 その後、タクシーでスコ文研にもどり、5時からキリンのチーフブレンダーTさん、マーケティングのHさん、Tさんの3人とざっくばらんなミーティング。フォアローゼズとは、ぜんぜん関係がないが、最近のワールドウイスキーの傾向を知ってもらおうと、バリ島のドラムウイスキー、台湾のカバラン、インドのマクドーウェル、そして韓国のウィンザー、インペリアルなどを試飲してもらった。

 6時すぎに場所を移動してということになり、広尾駅近くの蕎麦屋「さ和長」へ。日本酒を飲みながら、ウイスキーの話(?)で大いに盛り上がる。いろいろな意味で、今年はバーボンウイスキーが面白くなりそうだ。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter