2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「新しいスタッフが増えて4名体制に…」
 今日から、もう2月。1月は正月気分に浸る間もなく過ぎてしまった。2月も行事が目白押しである…。

 昨夜は夜7時から、西麻布の店でレミーコアントローのMさん、Hさんと3人で会食。その前に夕方からスコ文研事務所で日本酒を飲んでいたせいもあり、久しぶりに酔っぱらってしまった。シャンパン、ハイランドパークのロックを食中ずっと飲んでいただけなのだが、やはり日本酒、泡モノはきくのだろうか。

 今朝は午前中ほとんど仕事にならず、午後からスコ文研。今日から新しいスタッフのNさんが来てくれている。これで、スタッフも常勤4名という体制になった。それにパートも含めると6名というのが、現在のスコ文研の陣容だ。

 午後一杯かかって『ウイスキー通信』等の校正、スケジュールの確認。6時に退社して昔の仲間と恵比寿のタイ料理、その後『エピローグ』へ。レアモルトのポートエレン1978、22年物やパーフェクトドラムのボウモア1993、そして最後にOBのグレンリベット12年…。月曜日にグレンリベットの会にコメンテーターとして出席しないといけないので、いわば〝予習〟であるあ。

 もちろんポートエレンもボウモアも、美味きわまりないのだが、たまにOBのスタンダードを飲むと、これはこれで新鮮に感じる。いやリベットの12年は、スイートでフルーティ、さすがスペイサイドの佳酒であると、改めて感心させられた。やはり、OBはバツグンの安定感がある。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter