1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「プロフェッショナル養成講座とイランタ…」
 昨日のブログで書いたバリ島ウイスキー、ドラム・グリーンラベルのドラムは、ウイスキーの1杯のことではなく、太鼓のドラムのことだった。気になってスペルをもう一度見たらDRAMではなくDRUM…。前者なら液量メジャーのドラムのことだが、後者は太鼓のドラムである。おそらく、バリ島のガムラン音楽に使われる太鼓のことだと思われる。ただし、音だけ聞いたらスコッチ風と受け取られかねない。両方の意味を狙ったとも、思えるのだが…。

 今日は午前中ガスの点検があるため恵比寿の仕事場にいて、午後イチでスコ文研。2時から「ウイスキープロフェッショナル養成講座」の第2回目。これも昼と夜の二部ある。まずは前回のつづきでスコッチの歴史の、特にブレンデッド誕生の前後について、その後スコッチの生産地区分、最新の情報などを2時間にわたって講義。

 その後、一度階下の事務所にもどり、5時から5月に行われるツアーのミーティング。旅行主催の近畿日本ツーリストの担当者2人と、スタッフのIさん、代表世話人のMさんの5人。再度細かい日程の確認と、現在までに申込み、問い合わせがきている人員などを確認。遅れていたチラシ(フライヤー)も、制作まったなしである。さらに5月の蒸留所ツアーのあと、6月に行われるウェールズツアーの件も打ち合わせ。こちらは、まだ日程等も決まっていない。ホテルの予約状況がタイトで、日程が二転三転しているからだ。

 1時間ちょいミーティングし、再び7時からプロフェッショナル養成講座の夜の部がスタート。受講生の一人、ディアジオのBさんが、ラムズデンさんからと言って、グレンモーレンジの新商品、「イランタ(Ealanta)」の、サイン入りサンプルを持ってきてくれた。いつもいつも、本当にありがたい。

DSC_0444.jpg

 
 これは『プライベートエディション』の第4弾で、アメリカンホワイトオークの新樽(!)に19年間寝かせていたもの。以前にも、バーオーク(ホワイトオークの亜種)のもので、新樽熟成があったように思うが、19年間というのはこれが初めて。しかも、ミズーリ州のマーク・トゥエイン・ナショナル・フォレスト産のオークとある。

 マーク・トゥエインは、もちろんアメリカの作家。『トム・ソーヤーの冒険』など、小さい頃に夢中になって読んだ記憶がある。その小説の舞台がミズーリなどのミシシッピー川流域で、有名なオザーク・マウンテンに行った時に、マーク・トゥエイン・センターを通った記憶がある。その時はラムズデン氏の案内で、オザーク・マウンテンのホワイトオークの原木を見に行った時だった。前述のナショナル・フォレストは、このオザーク丘陵の一角にある森林のことだろう。

 いずれにしろ、テイスティングするのが楽しみだ。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter