1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「エキスパート養成講座4回目」
 朝から『Whisky World』のボトラーズ特集の校正、キャプション原稿。その後、「ウイスキーエキスパート養成講座」の準備をして昼すぎにスコ文研。

 2時から養成講座の第4回目。今回は前回のつづきで製造の後編。発酵のまとめと蒸留、熟成について。2回に分けたとはいえ、やはり時間不足で駆け足にならざるを得ない。最後の熟成のところは、半分近くが残ってしまった…。

 例によって講義のあとは、3回蒸留のモルトと、ガス直火焚き蒸留の違いを知ってもらうために、①オーヘントッシャン・クラシックと、②マッカラン1995、14年物をテイスティング。

DSC_0427.jpg

 ①はもちろんOBだが、②はBBの中の、むしろPB、プライベートボトリングといえるもの。私の『モルトウィスキー大全』が出版された1995年に蒸留されたマッカランで、2009年の第3版、『シングルモルトウィスキー大全』の出版に合わせて、特別にボトリングされたもの。もちろん、シングルカスクのカスクストレングスだ。樽はオフィシャルと違ってリフィルのバーボンホグスヘッド。直火焚きで醸されたリッチでトースティなフレーバーが特徴だ。瓶熟されたのか、瓶詰め時よりも甘く、フルーティになっている。オーヘントッシャンと飲み比べると、その差はやはり歴然だ。

 4時前に昼の部は終了し、再び1階のオフィスにもどり、ワールドの校正作業。6時すぎに軽食をとり、7時から養成講座の夜の部がスタート。講義内容はほぼ同じだが、こちらのほうが少し進行が遅れている…。そのため15分ほど時間を延長して熟成樽の材質についてまでを終了させる。昼の部同様、2種のテイスティングを行い、終了したのは9時頃。

 その後、受講生でショコラの専門家Hさんと、サントリーのOさんの3人で恵比寿駅前の蕎麦屋に行き、日本酒・焼酎のお湯割を飲みながら、いつものように板ワサ、カキの天婦羅、厚焼玉子。しめは、これまたいつものようにせいろを一杯。11時半頃に店を出たが、外は厳しい寒さであった。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter