1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「お台場のサントリーでインタビュー」
 昨日から風邪気味で体調がイマイチだと思っていたが、昨晩から本格的に喉が痛み、熱も出ているようだ。

 そんな中、昨日は2時半に長和町のF君が来て、今年の長和フェスの日程等についてミーティング。今年も9月に、3回目となる「アウトドア・ウイスキーフェスティバル」を開催予定だ。

 その後、夕方5時から『Whisky World』の最終ミーティング。急遽、サントリーのインタビューが入ったため、その対応についてなど、詰めのスケジュール確認。ボトラーズ特集のバーの取材も、これからだ…。

 ということで、昨日は7時すぎに恵比寿にもどったが、風邪はますます悪化。しかし2時のインタビューを外すわけにいかないので、時間どおりに台場のサントリーへ。バーボンウイスキーのタイアップ企画で、輸入酒部長のCさんにインタビュー。主にジムビームについて、今後の販売戦略などをお聞きする。

 ジムビームは現在日本で3万ケース弱だということだが、ポテンシャル的には20万ケース近くまでいく可能性が十分あると、私は思っている。特にホワイトラベルは過小評価されすぎていると、前々から個人的には思っているのだ。

 インタビューは予定通り1時間ほどで終了し、その後、ワールドの営業O君、カメラマンのW君、スコ文研スタッフのIさんと4人で、今後の進行のミーティング。来週金曜の入稿に向けて、連休明けが本当の勝負となりそうだ。

 本当は6時から、例の『天使の分け前』の試写に行く予定だったが、これ以上風邪が悪化するといけないので恵比寿にもどり、途中薬局に寄って薬を買い、そのまま仕事場へ。風邪でも、体調イマイチでも、原稿は待ってくれない…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter