2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「サントリーの記者発表会…」
 昨日、仕事帰りに寿司屋に寄って少々食べすぎたのと、連日の原稿の疲れが出たのか、今朝は体調がイマイチ。原稿・校正に集中できないので、先日届いたニコルソンさんのブルースCDを聴く。

 久しぶりに彼のブルースヴォーカルを聴いたが、以前より野太く、しわがれた声にビックリ。65歳を過ぎて、こんな声でブルースを唄うというのもすごいが、外見、普段の声とのギャップにもっとビックリする。

MニコルソンCDジャケット

Mニコルソンと
(1997年、ラガヴーリン蒸留所にて)

 知らずに聴いたら、とてもこの人が元ラガヴーリン、ロイヤルロッホナガーのマネージャーとは想像もつかないだろう。まるで、南部のルイジアナあたりの太っちょの黒人シンガーかと思ってしまう…。それにしても音は以前のラガヴーリンで録音したCDより格段にいい。全12曲、ほとんどがマイク・ニコルソン氏の作で、作曲にも非凡な才を見せている。

 結局、午前中はワールドの〝世界のウイスキーニューズ〟の校正をしただけで、1時すぎに恵比寿を出、赤坂のアークヒルズにあるサントリーホールへ。2時から同社の記者会見に出席。これはサントリー酒類が開いたもので2013年の事業方針について、ビール事業部、スピリッツ事業部と発表が行われた。

 ウイスキーについていえば、今年はブラウンフォーマンからビーム社に、取り扱い商品が変わる節目の年。つまりアーリータイムズ、ジャックダニエルからジムビーム、メーカーズマークに、ドラスティックにブランドが変更となるのだ。出席していた記者からの質疑応答にもあったが、販売実績ではアーリータイムズ、ジャックがはるかに後者を凌いでいて、昨年通りだとすると50~60億円の損失になるという。

 もちろん、サントリーに取り扱いが変わったことで、この数字は近いうちに逆転する可能性が大ではあるが…。アサヒでは残念ながら、アーリー、ジャックは今までのようには売れないと思うからだ。いずれにしろ、しばらくは両社の戦略から目が離せない。

DSCN3700.jpg
DSCN3696.jpg


 3時すぎに記者発表会は終了し、そのままタクシーでスコ文研。午前中、校正した〝世界のウイスキーニュース〟をまとめ、大阪に送信。その後、1月22日(火)からスタートする〝究極のモルトマラソン〟のボトルを決め、不足分を発注。さらに次号の『ウイスキー通信』のテイスティングボトルを決め、その撮影もしてしまう。

 まだ『Whisky World』は終わっていないが、そろそろ『ウイスキー通信』の取材、テイスティングの段取り等を決めなければならないからだ。ウイスキースクールの新講座も続々とスタートするし、今年もいよいよ全開(?)である。


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter