2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「テイスティングとワールドミーティング…」
 午前中、『Whisky World』のボトラーズ特集の校正をして、午後スコ文研。〝今月のテイスティング〟の原稿が上がってきていたので、その校正をして、その後、私の担当である5種類のテイスティング。

 私が担当しているのはジャパニーズ、アメリカン、ワールドなどで、今回はウイスキーショップW.のシングルグレーン、羽生のファイナルヴィンテージ(信濃屋オリジナル・ゲーム)の2つのジャパニーズと、バリ島ウイスキー、ドラム・グリーンラベル、そしてウッドフォードリザーヴ・ダブルバレル、ジェシージェームズの2つのバーボンだ。

 ウイスキーショップW.のシングルグレーンは知多蒸留所のもので、シェリー樽原酒を中心に、複数の樽をヴァッティングしている。非常にリッチでスィート。今まで飲んだ知多のグレーンウイスキーの中で、最高の出来だと思う。うっとりするような魅惑的なアロマ・フレーバーがあるのだ。

 羽生は鏡にレッドオークを使った樽で3年半後熟を施したもので、確かグレンモーレンジで一度飲んだことがある。レッドオークは製品化されていたかどうか記憶にないが、チンカピンオークはボトリングされていたはずだ。どれもホワイトオークの亜種で、実験的にそれらの材で樽を作り、それにグレンモーレンジを詰めていると、ラムズデン氏がかつて話していた。

 羽生のものは、鏡板だけにこのレッドオークを使ったもので、その味が出ているかと思ったが、違いがよく分からない。ただ、樽を焦がした、すすけた感じがするのは、この鏡のせいかもしれない。あるいは、この後熟用の樽そのものフレーバーか…。

 バリ島のドラム・グリーンラベルは、やはりウイスキーと言うには異質な気がする。紹興酒、梅酒、黒糖焼酎のようなアロマがあり、どうみてもモラセス(廃糖蜜)原料のアルコールが添加されているとしか思えないのだ。原料は英国産麦芽とバリ産グレーン(おそらく米)と書かれているが、それだけではない気がする。どことなくバグパイパーやマクドーウェルなどのインド産ウイスキーに通ずるものがある。

 これに比べたら、台湾のカバランも、インドのアムルットも非常にまともなシングルモルトウイスキーである(比べるのは気が引けるが…)。それにしても、興味深いことは興味深い。

 バーボン2種は、ある意味好対照。ウッドフォードはリッチで飲み応えがあり、いかにもという感じだが、ジェシージェームズは名前とは裏腹に、優しく、どちらかというと都会的だ。

 ジェシーは、いわゆるアウトロー。ミズーリ州生まれで南北戦争の時に南軍の兵士として活躍し、その後『ジェームズ団』というギャング団を組織し、列車や銀行を襲った。ただし牧師や弱者は襲わなかったことから、ケンタッキーやテネシー、ミズーリでは義賊として、今でも根強い人気を誇るのだ。ケンタッキーの古いタバーン(パブ兼宿屋)などに行くと、「ここにジェシーが泊った」などと、よく聞かされる。

 ということで5種のテイスティングコメントと、ボトル解説をしたリードを書き、4時半から『Whisky World』のミーティング。久しぶりに大阪からW社長と、新人のN君、営業のO君の3人が来て、次号の最終チェック。入稿、下版スケジュールの確認。あとはひたすら、原稿を書き、入稿するしかない…。

DSC_0336.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter