2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信の発送と信濃屋の取材」
 昨日はスコ文研に行けなかったので、今朝はワールドの原稿を1本書いたところで、11時にスコ文研。『ウイスキー通信』第12号の発送作業。無事、5月の蒸留所ツアーのチラシも、スクールのチラシもでき、いつものように多くのチラシ類を一緒に通信と袋詰めし、その発送作業。

 2時に世田谷の信濃屋に取材アポが入っていたので、12時半にスコ文研を出て、電車を乗り継ぎ、世田谷代田へ。早く着きすぎたので、駅前の喫茶店でコーヒーとランチ。それにしても、駅前は何もないところである。

 予定通り2時に信濃屋へ行き、スピリッツ担当のKさんから、オリジナルボトルのこだわりなどについて話を聞く。ボトラーズの最近のトレンドの1つは、インポーターではなく酒販店が、独自のオウンラベルを出していることだ。その最先端を行くのが、信濃屋さん。

 Kさんの、「ロンドンのウイスキーエクスチェンジ、パリのメゾンドウイスキーのように、酒販店がオリジナルボトルを出しても良いと思った。ゆくゆくは、それらの店とも勝負してみたい」という、言葉が印象的だった。

 確かに、そう言われてみれば、そうである。GMもケイデンヘッドも、もともとはローカルの酒販店である。今でも、それぞれエルギンと、エジンバラ、キャンベルタウンに店を構えている。ロンドンのエクスチェンジも、パリのメゾンも、それらに比べれば、はるかに新しい。

 日本の酒販店が、オリジナルボトルをもっともっと出したら面白い。さらにいえば、ジャパニーズウイスキーが世界に普及するためには、これらの日本の酒販店の力も必要なのではないかと思う。なかなか、現状はそうはいかないのだが・・・。
 
 取材は1時間ほどで終わり、ついでということで、ワールドのボトラーズ特集で使用するボトルも含め、4本を店で購入。正月用のワインも日本酒も買いたかったが、あまり時間もないので、4時前に店を出て、下北沢へ。その後、電車で渋谷、恵比寿。あとは29日まで、原稿、原稿である・・・。

121226a.jpg 121226b.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter