1
3
5
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ボトラーズの取材で板橋、練馬へ・・・」
 クリスマス連休は眼鏡づくりのため一日鎌倉に帰っただけで、あとは恵比寿の仕事場で原稿、校正・・・。今日も午前中、『Whisky World』の原稿を書いて、1時からスコッチモルト販売の取材。

 次号のワールドでボトラーズ特集をやるためで、海外ボトラーズと同時に、日本のボトラーズについても取り上げることにしたからだ。1時間ほど、S会長から話を聞き、スコッチモルト販売のオリジナルシリーズのいくつかのボトルを写真撮影。

 日本のインポーターが扱うボトラーズ物には、2種類ある。1つは海外(主に英国)のボトラーズが手がけているボトルで、今まではそれを輸入して日本で販売していたが、現在のトレンドは、日本のインポーターが独自の目線で選んだ、オリジナルの樽からのボトリングである。

 これがオウンラベルで、もちろん日本限定、多くはシングルカスクのカスクストレングスである。モルトに特化しているバーの、品揃えの3~4割近くは、これらのオウンラベルが占めているだろう。それだけ人気があり、これを知らないと今のモルトの世界についていくのが、難しいのだ。

 その後、カメラマンのK君の車で練馬区のスリーリバーズに移動。年末の最後の25日ということもあり、道路が混んでいて、3時の約束から20分ほど遅れて到着。さっそく2件目の取材として、スリーリバーズのMさん、Oさんの2人から話を聞く。

 スリーリバーズといえば、何といっても最近の“ライフシリーズ”が人気。人の一生を追ったモノクロのラベルが実にカッコイイ!

 現在までに11種類でているが、そのシリアルナンバー1番がすべてとってあって、それを並べて写真を撮らせてもらった。特に冬枯れの野で撮った写真が実にいい。それはワールドを見てのお楽しみである。

 結局5時近くまで取材して、その後再び車で都内へ。築地の事務所にもどるというK君に日比谷でおろしてもらい、6時半に恵比寿。久しぶりに昔の仲間と会って忘年会! 先週くらいから飲み会が続いているが、これも年の瀬の恒例行事である。

 帰路、ビルの谷間から見上げる月と木星が美しい。

121225a.jpg 121225b.jpg 121225c.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter