2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「竹鶴ノートとスタッフセミナー」
 昨日はウイスキースクールの「竹鶴ノートを読み解く」セミナーの第2回目。先月から始まったこの講座は、竹鶴ノートをすべて読んでいくというもので、読みながらその都度、現在の造りとどこが違うのか、そのポイントなどを私がレクチャーする。結局1時間半の講義で、糖化の途中まで終わらせるのが精一杯。このペースで進んだら、1年がかりでも終わらない…。

DSC_0397.jpg


 講義後は例によって2種類のテイスティング。今回はキャンベルタウンということでキルケランのワーク・イン・プログレスと、これはキャンベルタウンとは関係ないが、キルホーマンのニュースピリッツの2種をテイスティング。キルケランはもちろんグレンガイルのことで、竹鶴がいた1920年には操業していたはずだ…。

 今日は午前中、ワールドの原稿の準備、世界のウイスキーニュースの原稿を書き、1時すぎにスコ文研。来年のゴールデンウィーク期間中に行う、恒例スコ文研ツアーの最終ミーティング。結局、旅行手配は近畿日本ツーリストにお願いすることになり、日程等の最終確認。出発はホテルの都合とかもあって、5月3日となった。あとは来週水曜(26日)に発送する『ウイスキー通信』に入れこむ、簡易チラシを作るのみだ。

 と、同時に先日行われた「シングルモルト検定」の合否通知と、認定証を発送。年内発送が目標だったが、かなり早めに処理できた。ということで、スタッフ教育のために先月から始めた、“スタッフセミナー”を5時半から開始。モルトウイスキーの製造についての第2回目で、今回は糖化・仕込みについて1時間半ほどレクチャー。

 その後、来週の忘年会の下見も兼ねて恵比寿ガーデンプレイス内の「海南鶏飯」へ。6人でワイン4~5本とビール、シンガポール料理を堪能し、気がついたら11時すぎ…。今年も残り10日あまり。中天に木星がひときわ明るく輝いている。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter