1
3
5
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドのミーティングとエンデュアランス号」
 午前中、「シングルモルト検定」の解答作りと、『てんとう虫』の校正をして、午後スコ文研。検定の問題作りはしたが、正解をスコ文研スタッフに渡してなかったからだ。
 午後から「シングルモルト検定」の採点開始。と同時に『てんとう虫』に原稿を送信し、『Whisky World』のボトラーズ特集のミーティング。1特に予定していた“東西花街バー特集”が流れたため、ボトラーズを1特に持ってくることになったのだ。
 ボトラーズについては、『ウイスキー通信』で最新情報を連載していたが、ワールドでは、日本のボトラーズや、ボトラーズにこだわっているバーも取り上げることにした。これは来年1年間のシリーズ連載で、第1回目となる次号は、巻頭30ページくらいの特集だ。取材先を決め、さっそくその企画書作り。
 さらにアーネスト・シャクルトンについてもワールドでミニ特集をやることになったので、その資料さがし。『南へ ― エンデュアランス号漂流』(ソニーマガジンズ)という本は、シャクルトン自身が、エンデュアランス号の冒険について綴ったものだが、それとは別にアメリカのジャーナリスト、アルフレッド・ランシングが書いた『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)という本があり、その原本は写真家の故・星野道夫さんの愛読書だったという。その原本さがしもしないといけない。
 とりあえず、シャクルトン関係の英文資料をプリントアウトしてもらい、7時過ぎに恵比寿へ。大晦日から正月にかけ、それらの英文資料を読まないといけない…。

shackleton_book.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter