2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキーニュースの原稿と検定、投票・・・」
 朝からウイスキーニュースの原稿。サントリーがアメリカのビーム社を買収かという英文記事も出ていたが、詳細は不明なので、とりあえずペンディング。今年夏くらいにディアジオと共同でビーム社の株式買収という話があったようなのだが、ディアジオはインドのUBグループのUS社の株式を巨額の資金で買収したばかり。先行きは、まだまだ不透明だ。

 バルヴェニー、ドロナック、ジョニーウォーカーの新商品が出ているようだが、相変わらず免税店限定という商品が多い。それだけ世界中の免税店でウイスキー(特にスコッチ)の売上げが好調なのだろう。

 クーリー蒸留所を買収したのはビーム社だが、そのクーリーの創業者ジョン・ティーリング氏がユニークな「ポティーン」というボトルを出している。ポティーンとはアイルランドのスピリッツで、密造酒のこと。古くは穀物やジャガイモから蒸留したらしい。「Poitin」と書いて発音はポティーンだが、これはポットスチルのポットのことを、アイルランドではポタ(pota)と言ったからだ。

 ポティーンの中身は麦芽100%のモルトウイスキー(2回蒸留)と、トウモロコシ原料の連続式蒸留というから、まさにクーリー産である。コラムスチルで3回蒸留と英文にあるが、これは3塔式のコラムスチルの間違いだろう。英文だからといって、すべて信用してはいけないという、いい例である。実際に蒸留所に行って、この目で見ていないと分からないのだ。

 ということで、午後、八重洲で行われている「第5回シングルモルト検定」に試験監督として行こうと思っていたが、原稿が間に合わず、スタッフにまかせることにした。原稿が一段落したところで、4時すぎに恵比寿を出て、いざ鎌倉へ。5時すぎに投票所に行き、衆院選の投票を済ませてしまう。今回は時間がなく、期日前投票に行けなかったからだ。はたして、その結果は・・・。

121216.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter