1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「エキスパート養成講座」
 昼すぎにスコ文研に行き2時から「ウイスキーエキスパート養成講座」の第3回目。今回からは2回連続で、モルトウイスキーの製造となる。原料の大麦から始まって、製麦、仕込み(糖化)、発酵までをレクチャーし、その後アードベッグのブラスダ、コリーヴレッカンの2種をテイスティング。ブラスダはアードベッグのライトピートで、久しぶりに飲んだが、これはこれでウマイ! コリーヴレッカンは開封してかなり時間が経っているせいか、ピーティ、スモーキーさがあまり前面に出てこない…。

 昼の部は予定通り3時半すぎに終了し、一度スコ文研オフィスにもどって、『ウイスキー通信』の校正、シングルモルト検定の問題作り。いよいよ問題用紙の制作開始である。その合間に博多のバーオスカーのN氏と連絡をとって、来年2月24日の博多のウイスキーイベントについて、お互いに確認作業。本坊酒造に行った際に、常務のTさんに質問されていたからだ。さらに次号『Whisky World』のテイスティングボトル18本を選定する作業。今回はいろいろ新商品もあり、18を超えるアイテムが揃ったため、その中から今回取り上げるものを選別、そのリストを作る。

 再び夕方6時半すぎにスクールにもどり、7時から養成講座の夜の部がスタート。昼8名、夜5名、計13名の第1期生だが、皆さん本当に熱心である。昼同様、1時間15分くらいレクチャーを行い、残りの15分ほどで2本のボトルをテイスティング。昼同様、やはりブラスダのほうが好きだという人が多かった。

 9時にスクールを出て、久しぶりに広尾駅近くの「さ和長」という蕎麦屋で日本酒を熱燗で1本。その後、せいろそば。やはり蕎麦屋で飲む日本酒はウマイ。また、ここのそばも絶品である。やはり、そばは関東に限るのかもしれない…。

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter