FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「鹿児島支部の盛大なセミナー!!」
 昨日は一日中検定の問題作りと『ウイスキー通信』の校正作業。今朝は5時半に起床し、8時前にタクシーでスコ文研。問題の原案と校正、原稿などをスタッフのデスクに置いて、そのまま浜松町。9時55分のフライトで鹿児島へ。フライトは30分遅れの出発で、鹿児島についたのが12時半近く。鹿児島支部のの2人の出迎えをうけ、車で鹿児島市内へ向かうことに。

 宮崎や大分、福岡でセミナーをやったことはあったが、鹿児島は初めて。そもそも鹿児島にくるのは、週刊誌記者時代の1982年以来だから、30年ぶりだ。まったく右も左も分からない…。セミナーは3時からだったので、まずはホテルにチェックインし、支部のHさんと昼食。さっそく鹿児島名物のきびなごの刺身、地鶏の刺身、さつま汁、さつま揚げ、黒豚煮などをいただいた。

 その後、2時半にセミナー会場に移動し、3時半から「シングルモルト・テイスティングセミナー」。鹿児島支部を中心に、宮崎のFさん、久留米のOさんなども手伝いに来てくれている。もちろん、地元のNBAのバーテンダーも多く参加してくれて、総勢100名近いセミナーになった。

DSC_0563.jpg

 テイスティングアイテムは①ハイランドパーク12年(OB)、②グレンロセス2001、③グレンバーギ1983、④ロングモーン1976、⑤ボウモア1994、⑥アードベッグ10年の6種類だったが、まずは1時間ちょっとスコッチのシングルモルトとは何かについて話をし、その後テイスティング。

 ①、⑥はいわゆるオフィシャルのスタンダードだが、②~⑤はスコ文研オリジナルのいわばプライベートボトリング(PB)。グレンロセスはフレッシュポートホグスヘッドで、グレンバーギはリフィルシェリー、ロングモーンはリフィルバーボン、ボウモアもリフィルホグスヘッド。どれもシングルカスクのカスクストレングス…。

 ひととおりセミナーが終わったところで2時間が経過していたが、せっかくなのでQ&Aタイム。いくつかの質問に答えて、結局、終了したのは6時前。スタッフのみんなと後片づけをして、7時すぎから打上げの飲み会…。総勢10名ちょっとで鍋をつつき、結局2次会、3次会(!)と流れこんで、ホテルにもどったのが2時すぎ…。

DSC_0578.jpg

 シングルモルトに始まりビール、焼酎、焼酎、そして白ワイン、赤ワイン、白ワイン、モルトウイスキー、ハイボールと相成って、完全に飲みすぎ。鹿児島おそるべし…という感を強くした(私が帰ったあとも、スタッフは朝まで飲んでいたとか)。

 しかし、やはりモルト好きの会というのは楽しいものである。日本全国、あちこちに行くのは、これがあるためかもしれない…。
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter