1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『Whisky World』のミーティング」
体は疲れているのだが、脳細胞が目まぐるしく動いているせいか熟睡できず、4時すぎに目がさめてしまう。神経が過敏になっていて、脳が休めないのだ。まあ、2000人近い人と会っているのだから、刺激が強すぎるのは、当たり前といえば当たり前だが…。

 さすがに原稿を書く気になれず、午前中は校正作業と、今週の作業の確認。昼前にはスコ文研に行き、1時から次号の『Whisky World』のミーティング。ゆめディアのW社長と新人編集者のS君、営業のO君。3年近く編集をやってくれたF君は退社するため、次号の企画にはノータッチということであった。ワールドも創刊して来年で8年…。ようやく仕事になれ、仕事をまかせられるようになると、スタッフが辞めていく。変わらないのはWさんと、私くらいなものだが、言ってもしょうがないので、いつものようにミーティング。

 毎回やっている「蒸留所最新リポート」はすぐにラインナップが決まったが、イチトク(第1特集)、ニトク(第2特集)のテーマが決まらない。ニトクは次号より1年連載で、ボトラーズの現状についてやることに。結局イチトクは神楽坂、京都のバー特集をやることにした。久しぶりの“東西花街バー紀行”である。

 ミーティングは3時に終了し、その後、通信の原稿の校正作業。巻頭の「ウイスキー日和」、「蒸留所探訪記」の原稿校正、『コニサー倶楽部』の竹鶴ノートの校正をやるが、文字を追っていると、5分くらいで眠りに落ちてしまい校正にならないので、5時前には仕事を切り上げ、恵比寿にもどることにした。

 明日からはフェスの荷物整理、「シングルモルト検定」の問題作りも待っている…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter