2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ついにフェス本番!」
いよいよフェス当日。朝5時に起き、準備をして7時すぎの電車で錦糸町。集合時間の5分前に会場に着いた。今回は事前に下見をしていなかったので、さっそく会場内のブーステーブルのチェック、荷物の確認作業。思っていた以上に会場が広く、ひと安心。これなら余裕をもって来場者を迎えられそうだ。

 スコ文研スタッフ以外の世話人や、当日のアルバイトスタッフが揃ったのは9時半すぎで、10時前にはほぼ準備が整い、10時から予定通り全体ミーティング。その頃にはほぼ出展ブースの準備も出来ていたので、約200人のスタッフに挨拶をし、注意事項などを伝達。さらに毎回恒例となっている、スタッフ全員の集合写真を撮影。いよいよ『ウイスキーフェスティバル2012 in 東京』のスタートだ。

 10時45分のオープン前には、すでに受付のところに列ができている。茂木さんのバグパイプの先導でゲートオープン。11時に主催者代表として、私が開会宣言を行った。さっそく、見知った人がたくさんいたが、話し込むわけにもいかず、11時20分には3階のセミナー会場に移動し、「ブラインド大会」の準備。11時半から、初となる第1回ブラインドコンテスト。エントリーは33名。まずは予選がスタート。

 このブラインド大会については、いずれ詳細なレポートを書くつもりなので、ここでは省くが、12時すぎからすぐ採点を始め、決勝進出者5名を選出。一度、メイン会場にもどって司会のMさんと、途中経過を話し合い、いくつかの指示出し。昼食をとるヒマもなく12時50分には再びセミナー会場に移動し、1時から決勝と、そのセミナー。決勝進出者5名と、『Whisky World』のテイスター4名にブラインドに挑戦してもらった。

 結果、優勝したのは大島晋史さんという男性で、大島さんは予選通過も1位の成績だった。もっとも、予選も決勝も、断トツだったのは我らがテイスターの山岡さんだったが…。

 ということで決勝も無事終了し、休む間もなく2時半から、『竹鶴ノートを読み解く』セミナー。当日券も入れると、ほぼ満席の70数名の参加者があり、きっちり1時間、竹鶴政孝と、その実習ノートについて話をする。

 その後セミナー会場では、山岡さんのテイスティングセミナーと続いたが、私自身はメイン会場にもどり、全体の指揮…。途中、受付に入場者数を確認したら2000名弱とのことで、最終的には過去最大の2300名の参加があって、会は6時に無事終了。その前の5時半には、ブラインドコンテスト、第1回優勝者となった大島さんの表彰と、賞金5万円の授与も行った。

 毎度のことだが、実際は終わってからの後片付けのほうが大変である。受付、物販、ボトル販売ブースと、それぞれで荷物を梱包して、それに伝票を貼る作業。さらに、その日のうちに持ち帰るものについては、我が家の車に積み込み、7時すぎにようやく解散、ホテルを後にした。

 スコ文研にもどったのが8時頃で、荷物をおろし、寿司屋で遅い夕食。結局、恵比寿にもどったのは10時くらいになっていた…。

634A6078.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter