1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信のテイスティング座談会」
 このところ寝不足が続いている。どうしてもフェスのことを考えると、頭がさえてしまい、早朝に眼がさめてしまうのだ。

 フェスも秒読みだが、通信の原稿、鹿児島のセミナーの準備、シングルモルト検定の問題作り、そして雑誌や単行本の仕事が目白押しである。朝イチで原稿を書いて11時にスコ文研。

 11時半にアダック社のH氏、Y氏とミーティング。カード誌の編集をしている会社で、次の『てんとう虫』で、ウイスキー特集をやることになり、その打合わせ。来週から、その原稿書きである。

 その後、1時半から『ウイスキー通信』のテイスティング座談会。オフィスはフェスの荷物梱包で足の踏み場もないような状態になっているので、2階の「ウイスキースクール」でテイスティング。今回は常連テイスターのO氏、S氏が年末のため参加できないということで、錦糸町のバー「オールドスコット」のSさんに来てもらった。通信のテイスティング座談会としては、久しぶりの女性コメンテーターだ。

 テイスティングアイテムは、①マックミラ・モーメント・ドリブド、②グレート・キングストリート・ニューヨークブレンド、③ハイランドクィーン・マジェスティ30年、④ライフシリーズ、トマーティン1976、⑤カーネル・テイラー、トルネード・サヴァイビングの5種。

 ①はスウェーデン産のシングルモルトで、一部にジュニパーの実で乾燥させた麦芽を使ったり、スウェーデン産オークで熟成させた原酒を使ったりと、こだわりの一品。②はコンパスボックス社のニューヨーク限定商品。③はブレンデッドかと思いきや、シングルモルトで、しかも1976年蒸留の原酒だという。④はスリーリバーズの人気のライフシリーズ。その第12弾で即日完売したという、入手困難なボトル。そして⑤のトルネードは例の竜巻で屋根が吹き飛び、2ヵ月近く野ざらしになっていた樽からのボトリングで、もちろんケンタッキー・ストレートバーボンだ。

 評価・コメントは12月25日発行の『ウイスキー通信』を見てのお楽しみだが、やはりトマーティンの76が平均点で一番高かった。コンパスボックスのニューヨークブレンドはスモーキーでピーティなブレンデッドで、相変わらず、そのコンセプトといい、デザインといい、秀逸である。比較のため、通常のグレート・キングストリートも飲んだが、こちらはまったくスモーキーさは感じられない…。

 テイスティングは4時前に終了し、5時から来年のツアーの件で、世話人のMさんとミーティング。もうツアーのチラシを作る季節になったのかと、少々あせってしまう。5月のツアーはグラスゴーからオーバン、そしてマル島のトバモリー、さらにスカイ島、そして北ハイランド、最後はオークニー島のハイランドパーク、スキャパまでで、7泊9日の日程だ。

 6月のツアーは学習院の有志のもので、今回で7~8回目。今回は2年ぶりということでウェールズに行くことに。その日程などについても旅行会社3社くらいから、見積もりを取っている。

 ミーティング後、再び校正をして、6時半に退社。途中、中華によってマーボー豆腐。昼間テイスティングで、ウイスキーを飲んでしまうと、どうしてもお腹が空いて、ガッツリしたものが食べたくなるのだ。

121128.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter