1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「フェスのボトル梱包とワールド最新号…」
 午後イチでスコ文研。『ウイスキー通信』の校正が流れてきているので、その校正作業。フェスの準備でオフィスはごった返しているが、ワールドが終わったら、次は通信である。

 2時すぎにワールドのテイスター、川口のSさんが次号で使用するバーボン3本を事務所まで届けてくれる。Sさんがケンタッキーを訪れた際に買い求めたボトルで、今はアメリカでもバーボンがブームで、見たこともない多くのボトルが店頭に並んでいるとか。ついでにフェスのブラインドコンテストの打ち合わせも済ませる。

 4時にこんどはキリン・ディアジオのNさんらが来社。プリンスホテルとのコラボ企画の原稿についてミーティング。来週末までに原稿の修正が必要になったためだ。

 その後、フェスの有料試飲、無料試飲ボトル、販売用のスコ文研オリジナルボトルの梱包作業。今回はほとんどすべての荷物を事前に宅配便で送ってしまうため、その梱包作業がこれから2~3日の勝負となる。ボトルを1本ずつ確認し、それをダンボールに詰め、梱包する作業は骨の折れる仕事である。

 若い時から探検部の遠征で荷物のパッキングをし、さらに今までに30回近く引越しを経験しているから、人よりは梱包作業に慣れているのだが…。まあ、考えてみればよく引っ越しをしたものだ。ほぼ2年に1回、“引っ越し貧乏”とは、まさにこのことだ。

 梱包作業の途中だったが、5時半に野村不動産関連のウェブマガジンを編集している会社のIさんが来社。シングルモルト特集をしたいということで、1時間くらいインタビューに答える。この時季になると、例年取材や原稿依頼が相次ぐ…。

 7時すぎに終了し、その後寿司屋に寄って恵比寿に帰宅。ビルの谷間ごしに見える満月が実にキレイだ。そういえば、今日『Whisky World』の11月29日発売号が、印刷所から届いていた。誤植やミスがないことを祈るばかり…。

表紙画像【ブログ用】
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter