2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ボトル撮影とスタッフ向けセミナー」
 先日、フェスの招待券の発送を終えたばかりだが、今度は喪中ハガキの発送におわれる。スコ文研はスコ文研として年賀状は作るが、私個人としては今年は喪中ハガキである…。

 午後スコ文研へ行き、フェス・オリジナル記念ボトルの撮影。フルボトルと源助屋ボトルの3種を撮影。さらに新しくラインナップに加えたマッカランとハイランドパークのトートバッグの撮影してしまう。さらに来週行われる『ウイスキー通信』のテイスティング座談会のボトル5本を決め、その撮影と資料作り。

DSC_0325.jpg


 今回はスウェーデンの①マックミラ、コンパスボックスの②グレート・キングストリート・ニューヨークブレンド、③ハイランドクィーン30年、④ライフシリーズ・トマーティン1976、⑤カーネル・テイラー・トルネード・サヴァイビングの5種類だ。

 ①はもちろんスウェーデン産シングルモルト。②は話題のブレンデッド、③はハイランドクィーンなのにシングルモルトだという。④はスリーリバーズのライフシリーズ・ファイナルのトマーティン’76、そして⑤は例のバーボンウイスキーである。この中で次号の『Whisky World』で取り上げているのは、⑤のトルネード・サヴァイビング1種のみ。あとはすべて、今回の通信用だ。

 ワールドが下版して一段落したこともあり、6時すぎから2階のウイスキースクールで、スコ文研スタッフ向けの“ウイスキーセミナー”。本来なら「シングルモルト検定」の対策講座が入っていたが、人数が集まらず中止となったせいもある。

 第1回目のスタッフセミナーということもあり、まずはモルトウイスキー製造の製麦について。大麦の種類・品種に始まり、なぜ製麦する必要があるのか、製麦の工程とは、専門の製麦業者にはどんなものがあるのか。スコットランドにおける大麦・小麦の栽培についてなど。結局2時間近く講義。

 まずは製造について、きっちり学ぶ必要があると思ったからだ。スコ文研が設立して来年で12年になるが、このてのスタッフ向け講義をやったのは初めて。今後は月に1、2回のペースでやっていきたいと思っている。

20121122175937522_0001.jpg


 8時半すぎに終了し、その後広尾駅近くの焼鳥屋で生ビール3杯。2時間近く喋ったせいか、生ビールと冷奴、焼鳥がうまい。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter