2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ディアジオがインドのUS社を買収…」
 ウイスキーニュースの原稿と通信の校正をやり、昼すぎにスコ文研。ついにというか、最終的にインドのユナイテッド・スピリッツ(US)の株式53.4%をディアジオ社が買収するとのニュースがあった。US社を率いるヴィジェイ・マルヤ氏は当初、49%の株式売却をしたいと言っていたが、ディアジオとの交渉で、半分以上の株式を同社が取得することになったのだろう。これでもちろん、筆頭株主はディアジオということになる。

 スコ文研で『Whisky World』のPDFをチェックし、午後一杯かかって、その校正作業。あとは19、20日の最終校正、下版を残すのみである。

 一段落したところで夕方6時半に版画家でイラストレーターのWさんとミーティング。新しくできたトートバッグ2種を渡し、『ウイスキー通信』で連載している“マクドゥーガル・クロニクル”のイラストを発注。

 1974年にマクドゥーガルさんは親会社のシェンレーの招待でアメリカとカナダへ行き、エンシャントエイジやヴァレーフィールドを視察したとある。そのシェンレーの意向でスペイサイドに建てられたのが、1958年に創業したトーモア蒸留所だ。今回の連載の箇所では、ついにアイラを去って、そのトーモアにマネージャーとして赴任してゆく様子が綴られている。そのイラスト案をWさんに渡し、同時に、スコ文研オリジナル版画の新バージョンについても話をする。

 できれば、来年早々に、新たにアードベッグとグレンモーレンジ、ザ・グレンリベットなどの版画を追加したいと思っているのだが…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter