FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「エキスパート養成講座とボジョレーヌーボー」
 今日はボジョレーヌーボーの解禁日。私が初めてボジョレーヌーボーを飲んだのは、今から35年も前のこと。当時は今と違ってボジョレーといっても誰も知らず、確か翌年の2月(ボトルは空輸ではなく、樽を船便で送っていた…)に、港区三田にあるフレンチレストラン『シュヴァリエ』で、ボジョレーヌーボーを飲んでいた。

 オーナーのOさんは、私のワインの師匠でもあり、当時ワインについて、いろいろ教えてもらったものだ。印象に残っているのは、「ワインは土壌。それを知るためにフランス全土の5万分の1の地形図を買って勉強した」という、Oさんの言葉。当時、自分にはとても無理だと思った記憶がある。まさかその時は、ウイスキーをやることになるとは夢にも思っていなかった…。

 そんな記憶に浸りながら、昼にスコ文研。『Whisky World』の原稿・校正はまだ終わっていなかったが、ウイスキースクールの『エキスパート養成講座(全8回)』の、今日が第2回目。午後2時からの部と、夜7時からの部、2回をこなす。

 IMG_3679.jpg

 今回のテーマはスコッチウイスキーの歴史。前提となるスコットランドという国、歴史をまず話し、その後、スコッチを読み解く2つのキーワード、①密造酒時代、②ブレンデッドの誕生について言及。セミナー後は前回に引き続き、2種のウイスキーをテイスティング。今回はスペイサイドのトーモア12年と、アイラのアードベッグ・ウーガダール。ともにオフィシャルだが、好対照で面白い。トーモアはスペイサイドらしい華やかさ、甘さがあり、アードベッグのウーガダールはスモーキーでピーティ、かつスパイシーさが際立っている。

 昼・夜2回のセミナーの合間には階下のスコ文研オフィスにもどり、再びワールドの校正。12月2日のフェス用に製作していた新しいトートバッグ2種と、講談社の『世界の名酒事典2013年版』が届いている。今回のトートバッグは前回同様オリジナル版画で、ハイランドパークとマッカランの2種。これで4色が揃ったことになる。

名酒事典


 名酒事典は相変わらずの充実ぶりで、一冊5,000円もする。今回からは、カタログページの前の特集ページにかなり力を入れている。“年鑑”としての要素を強くするため、できる限り、最新情報を盛り込もうということになったからだ。

結局、夜の部のセミナーが終了したのが9時前で、そのまま恵比寿の「TRUCKS」へ行き、久しぶりにボトルキープしていたボウモア12年を2~3杯いただく。さすがに連日、しかも昼・夜2回やるのはシンドイ作業で、11時前には店を退散した…。
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter