2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキースクールの竹鶴セミナー始まる…」
 相変わらず『Whisky World』、『ウイスキー通信』の校正、執筆作業。ワールドは最後の原稿、世界のウイスキーニュースである。このところ忙しくて英文ニュースに目を通す時間がなかったが、一週間もすると大量のデータがたまってしまう。先週届いた『Malt Whisky Year Book2013』も、ジム・マーレイの『Whisky Bible』にも、目を通さないといけないのだが…。さらに夜おこなわれるウイスキースクールの“竹鶴ノートを読み解く”の講義準備。

 昼すぎにスコ文研に行って、再び校正、事務仕事。プリントパックに頼んでいた喪中ハガキが届いている。今月中には出さなければいけないのだが。

 7時からスクールの竹鶴ノートの第1回目。これは4回シリーズで、竹鶴ノートを読み解きながら、ノートに何が書かれているのか、当時と今でウイスキー造りにどんな違いがあるのかを考察していこうというもの。ノートのレプリカ版を受講生にできれば渡したかったが、アサヒさんにも在庫が無いということなので、仕方なく私が現代語訳(現代表記)したものを、コピーしてテキストとした。ノート1だけでも、A4二段組み18ページにもなる。

 この竹鶴ノートの持っている意義は、日本のウイスキー(サントリーもニッカも)の原点になったということと、もう1つ大変興味深いのは、1920年当時のスコットランドの、それもキャンベルタウンのウイスキー造りの実際が詳細に記されていることだ。実は、スコットランドにだってこんな資料はない。ラッキーなことに、日本人である我々は、日本語で第1級の資料を読み解くことができるのだ。

 当時スコットランドではどんな大麦を使い、どんな仕込をしていたのか。ポーティアスのローラーミルはすでにあったが、麦芽の挽き分けはどうしていたのか。発酵で用いるイースト菌は何だったのか。モロミの度数は…。そして蒸留、熟成である。このノートを読み解くことで、1920年代のスコットランドのウイスキー造りが、鮮やかに蘇ってくるのだ。

 そういう意味で、このノートの持っている意義は非常に大きいと思っている。12月2日のウイスキーフェスのセミナーの1つとしたものそのためだが、フェスのセミナーは1時間なので、ほんのサワリしかお伝えできない。そこでスクールで4回シリーズでやることになったのだ。受講生5名というのは、ちと淋しい気もするが…。講義終了後は、「竹鶴12年」と「ニッカ創業70周年アニバーサリーボトル」をテイスティング。9時すぎに無事1回目を終了した。
s-20121001163722846_0001.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter