1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「長野屋試飲会・セミナーのミーティング」
 朝から『Whisky World』の書評欄、次号予告ほかの原稿。さらに『ウイスキー通信』の校正、ウイスキースクール、ウイスキーフェスのセミナー、『竹鶴ノートを読み解く』の講義資料の作成…。

 午後スコ文研に行き、ワールドの初稿ゲラの校正、事務作業。5時から長野屋のH君と18日の試飲会、およびハイランドパークセミナー、長野屋オリジナルウイスキーのミーティング。今回のボトルは、私の日本限定ハイランドパーク3種、1976、1991、1998のスペシャルヴァッティングで20本限定。もちろん、カスクストレングスだ。

 当日のセミナー、荷物の搬入の仕方などを相談して、その後、それとは別の長野屋オリジナルのラフロイグ、カリラ、ボウモアの3種をテイスティング。どれもシングルカスクのカスクストレングスだが、なかではボウモアが興味深い。

 6時からは『ウイスキー通信』と“スコ文研叢書”のミーティング。デザイナーのIさんに来てもらい、いつものように次号(No12、12月25日発行号)の台割を渡し、デザイン確認。フェスもあり、鹿児島のセミナーもあり、さらに印刷屋も年末調整に入るので、スケジュールを前倒しして編集を急がなければならない。

 “スコ文研叢書”は、スコ文研オリジナルの本の出版で、いよいよ来年からスタートする。スコ文研設立(2001年)以来の課題の1つが、これでクリアしたことになる。クリアしていないのは、これで蒸留所のデータベースだけとなった。これは本当に大変な作業だが、何としてでも完成させたいと思っている。結局スコ文研を出たのが8時前で、恵比寿にもどったのは8時半過ぎだった。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter