2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドのテイスティングと通信のミーティング」
 昨日、今日と『Whisky World』のテイスティングボトルのコメント書き。今回は珍しくアメリカンが4種あったため、ジャパニーズと合わせて7本が私の担当となった。さすがに7本を一日でやるのはキツイので、二日に分けて行ったのだ。

 なかでもサプライズはバッファロートレースのオールドテイラー(E.H.テイラー)の2本。1本は例のトルネードサヴァイビングで、もう1本はストレートライウイスキー。トルネードのほうは大阪の「呂仁」でテイスティングした時より、各段に良くなっている(!)気がする。あの時(2ヵ月前の夏)は樽の渋味ばかりが印象に残ったが、今日改めて試してみると、リッチでパワフル。バランスも悪くなく、秀逸なバーボンである。

 それにも増して驚いたのが、ストレートライ。ライウイスキーはアメリカの法律では原料の51%以上にライ麦を使うことが義務づけられているが、副原料は何を使っても構わない。一般的にはトウモロコシと、主原料のライ麦、トウモロコシを糖化する大麦麦芽を使うが、このオールドテイラーのライウイスキーはトウモロコシの比率が低いのだとか…。

 詳しい情報(マッシュビル)がないので分からないが、ライ由来の香ばしさ、心地よいオイリーさがあって、アロマもフレーバーも秀逸である。これを飲むと最近のライウイスキー人気、ライウイスキーのポテンシャルの高さが分かる気がする。

 テイスティングを終えて、夕方5時すぎから『ウイスキー通信』のミーティング。先日送ったばかりだと思っていたのに、もう次の号の準備である。今回はウイスキーフェスや、モルト検定もあり(12月16日)ということで、早めに取りかかることにした。印刷屋も年末で混んでいる。フェスの準備、『Whisky World』の取材、執筆、入稿と並行しながらの日々が続く…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter