FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「風邪で体調不良のなか、早稲田の最終講義」
 昨日は風邪による体調不良で、行く予定だった学習院大学の学祭と探検部のOB懇親会に行けなかった。仕事にも集中できず、一日中休養と、記録整理。

 今朝は体調も少し回復したので、朝から“ウイスキーニュース”の原稿、早稲田のセミナーの準備。毎週日曜、5週連続セミナーも今日が最終日で、テーマは『アイラ島のモルトウイスキー』だったので、そのスライド選び。

 いつものように2時前に仕事部屋を出て早稲田のエクステンションセンターへ。地下鉄・早稲田駅に人があふれていると思ったら、早稲田も学祭で、大学まで行く道がラッシュアワーのよう。人混みをかき分け会場入りし、3時から最終回となる講義。アイラの地理、歴史を解説しながら、なぜアイラでウイスキー造りが盛んになり、なぜアイラだけがウイスキーの島として存続したのかを講義。

 その後、例によって①ブナハーブン12年、②ボイスデール・ラフロイグ1998、③ウイスキーショップW.オリジナル・ボウモア15年、④アードベッグ・コリーヴレッカンの4種をテイスティング。

第5回


 ①のブナハーブン12年はOBだが、バーンスチュワートになってから、中身の構成がかなり違うと感じた。以前の爽やかなブナハーブンではなく、シェリー樽原酒の比率が多いのか、やや野暮ったい。

 ②のボイスデールのラフロイグはホグスヘッド樽で、しかもボトリングはBBR。優しく、それでいてスモーキー、ピーティが効いていて、これはこれで秀逸。③のウイスキーショップW.のオリジナル・ボウモアは、シングルカスクのカスクストレングスのせいか、ボウモアのマッチョな部分が強調されている。ただ、少し気難しいところがあるような気がするのだが。

 ④のアードベッグ・コリーヴレッカンは、いつ飲んでもパンチがあり、パワフルな仕上がりだ。ただし、10年に比べると、その分甘味が抑えられている気がする。ついでに、コリーヴレッカンというジュラ島北岸の世界第2位の渦潮についても話をするが、受講生11名が、そもそも小説にもなっているノルウェーの世界一の渦潮について知らないことに驚いた。たしか、小学校か中学校の教科書にも載っていたと思ったのだが、時代か、さもなくば記憶が違うのかもしれない…。

 ということで予定を15分ほどオーバーしてセミナーは終了し、再び地下鉄・早稲田駅へ。学祭が終了の頃なのか、相変わらず駅構内もラッシュアワー状態。体調のこともあり、早々に恵比寿にもどることにした。
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter