2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「早稲田の第4回目セミナー」
 再び朝から『Whisky World』の原稿。昼前に終了し、その後、早稲田の準備。4回目にして初めてスライドを上映することにしたので、そのスライド選び。今までは宮古や水戸からの直行だったため、その余裕がなかったのだ。

 第4回目のテーマは“スコッチとジャパニーズの違い”だったが、まずは2回目、3回目の製造の復習として、モルトウイスキーの製造にまつわる30点ほどのスライドを見てもらう。その後、ジャパニーズウイスキーの歴史、サントリーの鳥井信治郎、ニッカの竹鶴政孝、日本に初めてウイスキーを持ちこんだアメリカのペリーについて講義をする。

 最後は時間が足りなくなってしまったが、①シングルモルト山崎、②白州ヘビリーピーテッド、③竹鶴12年、④響21年の4種のジャパニーズをテイスティング。

第4回


 ①の山崎はノンエイジの山崎で5月に新発売となったもの。②の白州はリミテッドで48%でのボトリング。どちらもシングルモルトとして申し分なく、素晴らしい出来である。③の竹鶴はもちろんピュアモルトで、フレーバーもリッチで、余市のスモーキーさがかすかに効いている。宮城峡の性格はあまり感じられないが、バランスは悪くない。同じジャパニーズだが、山崎、白州を飲んだ後だと、まるで別のウイスキーのように思える…。

 ④の響21年は見事な仕上がりだが、シングルモルトを飲んだ後だと、値段(1本21,000円)に見合うだけの感動は得られないかもしれない。以前、ジャパニーズブレンデッドの特集をやった時には、断トツの印象だったのだが…。それだけ、山崎、白州が傑出しているということかもしれない。

 10分ほどオーバーして、5時10分にセミナーは終了。再び電車で恵比寿にもどり、駅のアトレの本屋へ。探したい本が何冊かあったのだが、見つけられず。やはり今は、アマゾンとかで買うほうが早いのだろうか。本屋好きとしては、寂しいかぎりだ。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter