2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ブラインドコンテストとフェス記念ボトル」
 このところオフィスに風邪ウィルスが蔓延しているのか、スタッフが相次いで風邪でダウン。月曜日から調子が悪いと思っていたが、火曜に持ち直したので、意を決して夕方久しぶりに床屋へ。床屋へ行く時間がまったくなかったので、髪がのび放題で、ずっと気になっていたのだ。おかげで、再び風邪ぎみ…。

 午前中、たまりにたまった事務仕事を片づけ、午後スコ文研。『世界の名酒事典』は、最終校正を昨日送ったので、一段落。これからは本格的に『Whisky World』、そしてフェスとスクールである。

フェスは、今回初めて実施する「全日本ブラインドコンテスト」の概要を決め、そのチラシ作り。まだまだエントリー選手が少なく、これからだが、9月の長和のフェスを踏まえて、出題範囲を限定することにした。やはり5大ウイスキーすべてをブラインドでやるのは至難のワザである。そこで予選(40名)はスコッチのブレンデッドとシングルモルトに限定した。もちろんシングルモルトが主で、それもオフィシャル中心である。

 決勝は、もう少し範囲を広げてスコッチ、アメリカン、ジャパニーズの3大ウイスキーから。やはりバーボンやテネシー、そして日本のウイスキーとスコッチの違いくらいは分かってほしいからだ。おそらく、コニサー資格のウイスキープロフェッショナル(WP)試験のブラインドよりは易しいはずだ。そもそも、記述式ではなく選択式である。ぜひ、ここは多くの人にチャレンジしてもらいたいと思っている。第1回目のチャンピオンに輝くのは、はたして誰か…。

 さらに決勝では、一般観戦者も入れ、同じアイテムをテイスティングできるようにした。後半30分は、私がMCとなってワールドのテイスターによるトークショーも行う。もちろん、テイスターにもその場でブラインドをやってもらおうと思っている。

 という具合でチラシの原案を作り、さらにメイン会場の出展ブースの配置を決め“出展のてびき”を、各出展社に発送する作業。それが終われば、いよいよフェスまで1ヵ月だ。

 フェスだけでなく、早稲田のセミナー、ウイスキースクール、シングルモルト検定、さらに鹿児島支部のセミナー、鹿児島大学の講演、『Whisky World』の原稿・編集と、同時進行でいくつものことが進行しているため、アタマも体も休まることがない…。年内も、これではあっという間かもしれない。

 6時すぎに事務所を出て、夜はフェスの記念ボトルのレシピ作り。今回はハイランドパークのスペシャル・ヴァッテッドだ。私のセレクトシリーズの5種類のハイランドパークを、ヴァッティングする…。やり始めてみると、これがけっこう面白い。試作品をいくつもつくり、比較テイスティング。これはというものが2~3種できたので、それは小瓶にとって、後日再検証することにした。この作業を2~3回くり返し、最終的に11月上旬には決めたいと思っている。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter