1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ついにウイスキースクールが開校!!」
 8月から準備を進めてきた「ウイスキースクール」が、ついに開校!キックオフ・セミナーは私の『ウイスキーエキスパート養成講座』で、全8回コースの第1回目講義が午後2時から開かれた。

 このコースは月イチで、木曜昼、木曜夜、土曜昼と3コースを予定していたが、成立したのは木曜の昼の部と夜の部の2コース。ただし昼の受講生は8名で、夜の受講生は2名のみというスタートであった。

 教える内容は昼と夜と、ほぼ同じ。第1回目の今回は、ウイスキーの定義、スコッチウイスキーの定義、スコッチウイスキーの種類、タイプ、そして6つの生産地区分について講義を行い、最後にテーマに沿った2種類のウイスキーを実際にテイスティング。

 ブレンデッドのデュワーズ18年と、その原酒であるオルトモア12年の2種で、どちらも、もちろんオフィシャルボトル(OB)。ブレンデッドとシングルモルトの違いと、実際のテイスティング方法について、グラス、色調、アロマ、フレーバー、加水の有無、加水用の水についても、基本を伝授。

 受講生はウイスキーエキスパートを目指す者がほとんどだが、その上のプロフェッショナルにも対応できるように、プロフェッショナルの集中講義で使用する、アロマ・フレーバー用紙を使い、そのやり方についても簡単に説明。テキストの知識だけでなく、ウイスキーの文化全般、そしてテイスティングスキルのビルドアップも図りたいと考えている。

 90分という時間は、あっという間で、昼の部は4時前に終了し、その後オフィスにもどって、校正・事務作業。再び夜7時半から夜の部がスタート。とりあえず受講生の要望なども聞き、ほぼ昼と同じ内容を講義。同じように2種類を実際テイスティングし、9時すぎに無事終了。

 さすがに1日2回、同じ内容の講義をするのはシンドイ作業である。疲労コンパイで、雨も降っていたので、そのままタクシーで恵比寿の仕事部屋にもどることにした…。
121018a.jpg 121018b.jpg



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter


スポンサーサイト