2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキーフェスと水戸のセミナー」
 月・火で『ウイスキー通信』の最終校正、入稿作業。今日午前中に印刷屋にデータ渡しを完了する。同時に『世界の名酒事典』の最終校正、そのゲラを2回に分けて講談社に発送。これでほぼ、私の手を離れたことになる。あとは細かい校正を残すのみだ。

 ということで、今日は1ヵ月半後に迫ったウイスキーフェスティバルのミーティング。4時半頃にスタートし、終わったのは7時すぎ。例年、決めなければならないことが山ほどあり、1つ1つ確認しながら、今後のスケジュールや人員配置について話し合う。あれだけのフェスティンバルを数人のスタッフでこなさなければならないので、各自の負担も相当なものになる…。とにかく、これからはフェスに向け多忙な日々が続く。

 フェス・ミーティングの前に18日から始まるウイスキースクールの最終確認。最初のセミナーは私が担当する「ウイスキーエキスパート養成講座」。昼2時からの部と、夜7時半からの部の2コースがあり、1日に2コマをこなさなければならない。その資料やテイスティングボトルの準備をする。今のところ昼は8名、夜は2名(!)の受講者だ。

 同時に20日の土曜日に水戸で行われる2つのセミナーの準備。すでに荷物やボトルは昨日発送してあったが、その資料作り。これも午前と夜の2つのセミナーがあり、しかもその内容がまったく違うので、頭の切り換えが大変である。

 午前の部は「スコットランドのケルト文化、ヴァイキング文化の影響」というテーマで、夜は「アイラ、アイランズ(ハイランドパーク)のモルトを味わう」がテーマ。そのまま水戸に1泊して、再び翌日は早稲田のセミナー。その資料作りも行う…。

 今年の暮れまで全国あちこち、各地でセミナーが目白押しである。

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter