1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「宮古のシングルモルトの集い…」
 今週はエキスパート試験の問題作成と、『ウイスキー通信』の原稿・校正、そして名酒事典の原稿・校正に連日追われた。水曜に問題の最終校正が終わり、木曜にその製作。金曜は次号『Whisky World』のテイスティング・ボトルの撮影…。その後、スタッフは東京フェスの会場下見のため錦糸町の東武ホテルレバント東京に行ったが、こちらは宮古、早稲田とセミナーが続くため、7時前に恵比寿にもどる。

 今朝は6時に起き、9時半過ぎの新幹線で盛岡へ。そこから県北バスで宮古に向かう。通常なら2時間ほどで着くはずだったが、いたるところで工事をやっていて、結局30分オーバーで、宮古に着いたのが3時すぎ。東京から盛岡までの時間と、盛岡から宮古までの時間が、ほぼ同じである。

 やはり震災復興で、ダンプなど大型車両が通行するため、道路の傷みが激しいのだという。天気も良く、本来なら紅葉が始まっていてもおかしくない季節だが、9月の異常高温の影響か、山の峠でも、ほとんど紅葉していない。あとで聞いた話だが、宮古名物のサンマも鮭も、そして松茸も、今年はヒドイ状態だという。

 宮古について、いったんホテルにチェックインし、5時過ぎから「シングルモルトの集い2012in宮古」の準備。6時半から予定通り、16回目となるシングルモルトの集い。今年は“シェリー樽原酒”というテーマで、アベラワーのアブーナやベンリアック12年、マッカラン12年、グレンファークラス105、ハイランドパーク1998、1996、グレンロセスなどを試飲。

 昨年の15周年に比べれば参加者は少なかったが、それでも70名近くが集まり、大いに盛り上がった。年に1回とはいえ、それを16年も続けるのは、並大抵のことではない。ただ、ただ、主催者の『エル・アミーゴ』のSさん夫妻には頭が下がるばかりである。

DSC_0213.jpg


 この宮古の会のために作った『源助屋ウイスキー』16本も好評で、会は9時すぎに予定どおり終了。その後『エル・アミーゴ』で、スタッフだけの打上げ…。スタッフは皆、Sさんと中・高校の同級生たちばかりで、すでに還暦をすぎている。いつまで続けられるか、ということでSさんたちとも話をする…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter