1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「連チャン、連チャン、またセミナー…」
 金曜日からレコール・デュ・ヴァン、柏ウイスキーフォーラム、早稲田エクステンションセンターの「シングルモルトセミナー」と続き、バテバテ…。その前日の木曜日も、ワールドのミーティング後、焼鳥屋で飲み会をやったため、酒が切れる日がないのがツライ。

 そうはいっても休んでいられないので、その合間にエキスパート試験の問題作りと、その校正。通信の原稿、名酒事典の原稿と続く。名酒事典は〆切りが過ぎていて、さすがにヤバイ状態になってきた。飲んでいる場合じゃないのだが…。

 レコール・デュ・ヴァンのセミナーは、スコ文研オリジナルボトル特集ということで、①グレンロセス2001、②グレンバーギ1983、③ロングモーン1976、④カリラ1984、⑤ボウモア1994の5種をテイスティング。いわゆるオフィシャルボトル(OB)、ボトラーズ(BB)、プライベートボトリング(PB)の違いについてレクチャー。スコ文研ボトルは、ある意味PBの典型だ。

 柏のウイスキーフォーラムは500人以上の参加があり大盛況。全体セミナー第1部(?)として15分ほど、世界のウイスキー事情について話をし、その後、一般の人を対象とした創作オリジナルカクテルのコンペティションの審査をすることに。プロのバーテンダー顔負けのパフォーマンスに感心したが、最後は柏市長の秋山さんと、アサヒビールのキャンペンガール、坂井裕美さんが壇上でカクテル作りにチャレンジ、会場に華を添えていた。

 早稲田のエクステンションセンターの講座の参加者は11名。皆、シングルモルトを飲み始めたばかりの初心者なので、ウイスキーとはどんな酒か、世界の5大ウイスキー、スコッチの種類について講義をし、その後、①ホワイトホース12年、②ハイランドパーク18年(旧瓶)、③レッドブレスト12年カスクストレングス、④エンシャントエイジ8年の4種をテイスティング。それぞれの違いと、テイスティングの意義、ノウハウについて、さわりの部分をレクチャー。

 セミナー後は恵比寿の中華、その後、久しぶりに「エピローグ」に行き、カルヴァドスとモルトを計5杯…。ラフロイグの25年と30年を飲み比べたが、30年がやはり美味! 20年くらい前にラフロイグに行った時、当時のマネージャー、イアン・ヘンダーソン氏から、30年をケースで売ると言われたことを思い出した。

 その時は、やはりラフロイグの売店で売っていたアードベッグ10年と30年を、それぞれ1本30ポンド、99ポンドで買って満足してしまい、ラフロイグ30年は1本しか買わなかったが、いずれにしろ、後の祭りである…。まあ、このての話はゴロゴロしているのだが。

121007_1.jpg 121007_2.jpg 121007_3.jpg 121007_4.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter