1
3
5
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「スコ文研テイスティング…」
 昨日は一日中、恵比寿でエキスパート試験の問題づくり…。今日は午前中、通信の校正をして午後スコ文研。7時から恒例のスコ文研テイスティング。

sukobuntasting90281-300x198.jpg


 今回は①イーパワーのクライヌリッシュ1996、②クラガンモア1989、21年、③ダルウィニー1973、29年、④信濃屋、バー・スタッグのオリジナル・グレンキース1970、40年、⑤キンコーのベンリアック1976、35年、第2弾、⑥バルヴェニーTUN1401、バッチ5の6種類。

 ①はギアー(Gear)と名付けられたイーパワーのPBシリーズで、同時に2種でたが、これはそのNo.1。いかにもクライヌリッシュらしい風味がある。やや機械油やメープルシロップ、樹液のような感じがある。

 ②、③はどちらもディアジオのリミテッドボトルだが、③のダルウィニーが秀逸。②のクラガンモアはスペイサイドらしい華やかさはあるが、あまり印象に残らない。このラインナップの中では“前座”かもしれない。

 ④のグレンキースはイタリアのシルバーシールのボトリングで人気が高い。『Whisky World』の評価はイマイチだったが、今回のボトルは封開けだったせいか華やかで、後口にやはり白桃や黄桃のような瑞々しいフルーティさがあり、さすがと思わされる。40年でこの値段(2万9,800円)なら悪くはないだろう。

 ⑤は評判になった「KINKO」のベンリアックで、第2弾もソッコー売り切れたという。海外リリースされたベンリアックの1976と比べてやはり度数が低く(43.8%)、最初からピーチやパイナップル、バナナ、マンゴー、ライチのような瑞々しいフルーツ香があり、うっとりとする。中でも白桃のアロマ・フレーバーが強く、まるでトロピカーナのフルーツネクター、ピーチ味を飲んでいるかのようだ…。なんとも、凄いとしか言いようがない。

 ⑤も凄いが、⑥はそれとはまったく違うベクトルでありながら、これはこれで美味!! リッチでナッツ様、レーズンやプルーンのような風味があり、ある意味、モルトウイスキーらしい充実感がある。これはシングルカスクではないので、ヴァッティングの妙というべきだろう。さすが人気の“TUNシリーズ”だけのことはある。先週の通信のテイスティングでも断トツだった。

 結局、その後5~6種類をおまけ(?)でテイスティングし、9時半にお開き。このところ連日飲みすぎていたので、そのまま片付けはスタッフにまかせ、タクシーで恵比寿にもどることにした。体は、もはや疲れのピークに達している…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter