2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「モダン・モルトの記者会見」
 10時に恵比寿を出て、11時前に秋葉原。11時からの「モダン・モルト・ウイスキー・マーケット2012」の記者会見に出席。昨年の大震災で一時落ち込んだものの、今年は順調に回復し、モルトの市場は大きく伸びているという。そうであってくれれば、嬉しいのだが…。

 記者会見は15分ほどで終了し、その後、12時の正式オープンまで、プレスの内覧会。ひととおり各ブースを見て回ったが、正直新商品に乏しいという気がした。アイテム数は全10ブースで250種ということだったが、とりあえずプレミアムテイスティングのところで、オープンを待ってから、「ベンリアック1977、モスカテルフィニッシュ」を1杯だけ飲んで、スコ文研にもどることにした。

 モスカテルフィニッシュは少し期待したが、ややバランスに欠ける気がする。やはりモスカテル樽は難しいのかもしれない。

 スコ文研にもどり、夕方まで再び通信の校正、スクールのチラシの校正作業。12月のウイスキーフェスのハガキの校正も片付けてしまう。そういえば、2~3日前にグレングラッサから、サンプルが届いていたことを思い出した。

 これは2009年8月に取材に行った時に購入した樽からのサンプルで、毎年9月の終わりに、そのサンプルが送られてくるのだ。今年でちょうど3年が経ち、ウイスキーと呼ぶことができるようになっているのだが、これについては日を改めて、テイスティングしたいと思っている。

 はたして、どう変化しているのか…。

120926_1.jpg 120926_2.jpg 120926_3.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter